写真トレースの描き方【イラスト背景講座】

写真トレース描き方
こんにちは出雲寺ぜんすけ(‎@blankcoin)です。
今回は写真トレースの描き方について解説していきたいと思います。

 背景講座 写真トレースの描き方

写真トレース7

線画を描きます

写真トレース1
 「パースとかマジかんべんッス~ 写真トレースとかってどうなんスか??」

とお考えのみなさん、お待たせしました。

今回は写真トレースで描くってことについていってみましょう

現代ものとか実際に写真撮れるなら、写真トレースというのが手っ取り早いですね。

トレースならパースもへったくれもないので、初心者でも安心です。

問題は自分で撮るか、著作権フリーの写真を手に入れる必要がある
ってことでしょうか。
著作権フリーとかでない普通の写真集とかを勝手にトレースすると
著作権関係のゴタゴタに巻き込まれるのでそのあたりは注意が必要です。

そこで、いわゆるロケハンというやつの出番ですね。

ロケーションハンティングってやつっすか。

実際にその場に行って写真を撮ったりするわけです。

そして、そのまま使えるアングルの写真あればトレースでいけるってーわけです。

写真とるのは無茶なアングルならば、写真を参考にして自力で描くわけですが……。

で、写真トレースで描いてて、いざ写真無いときにはどうするんだって当然思われますよね。

まぁ、実際そういう場合はトレースじゃ描けないです

って、それじゃ意味ないじゃんッ!

と思うかもしれませんが、そうでもないです。

写真トレースしてもデッサン力はつかないですけど、
なぞっているとはいえ仮にも一度描いているので、その物の形がある程度記憶に残ります。

それによって、手もとに資料がないときでも、同じ物を描くときは少しは、マシなものを描けるようになるというわけです。

あと、塗りの段階の能力向上にもなりますね。

塗りは写真のまんまの色にするわけにもいかないですから必然的に色の使い方の修練にはなるのです。

そこで得た色のセンスはトレースしない背景でも活かせるというわけです。

ようするに、背景を描くために必要なスキルは複数あり、その中のデッサン力やパースといったところをトレースによって補助して
もらい、その他の能力向上に専念できるというわけです。

そして、写真無い絵はデッサンやらパースの練習をしてから再度チャレンジするというのも一つの作戦ですね。

あとですね。最初はあまりゴチャゴチャしていない写真のほうがいいかもしれませんね。

トレースするのも時間がかかるので自分の忍耐力と相談して途中で挫折しないで済みそうな写真をチョイスすることをオススメします。

色わけ

写真トレース2

単純に色わけした状態です。 パーツごとにレイヤーをわけています。

線画もパーツごとに切り分けました。

……って、そもそも線画描くときにあらかじめレイヤーわけておいたほうが賢いですね。

もしくは、線画をショートカット「ctrl+J」で複製しまくって色分けしたベースのレイヤーにそれぞれグループ化するって作戦もあります。

奥を描く

写真トレース3

で、とりあえずいったん手前の物たちには消えていただいて奥から説明していきます。

見ての通り、あまりろくに描いていません。

本当はもう少し描いたほうがいいんですが、あとあと光とかで消えてしまうかもしれないので、とりあえずこの程度でとどめておいて、他を進めます。

ちなみに右のほうとか途切れていますが,手前に柱が来るので描いていないのです。

塗り

写真トレース4
今回の主役とも言うべき信号機的なものを塗ります。

このあたりは動画講座の方をみていただくとどう塗っているかわかると思います。

描き込み ハイライトなど

写真トレース41

1
このふちの部分にハイライトを入れます。
(255 255 255)の真っ白にしてしまうと目立ちすぎるので少し色を抑えるか不透明度をいじるかしたほうがいいでしょう。

2
ここは曲面部です。グラデーションにしたいのですが、グラデーションツールを使うと
あまり手描き感がでないので、室内の描き方 第1回~グラデーションの塗りかた~
のように重ね塗れるブラシでしあげます。

3
影の部分の色を影色にすることで見栄えが良くなったりします

4
ハイライトとハイエストライトです。
これについては草薙の講座を見てもらったほうがわかりやすいので、未見の人はぜひみておいてください。

SF関係とか描く場合は必須な感じです。

さらに光を入れる

写真トレース5

ここまでが前回の状態ですがここからさらに光を入れていきます。

好みによってはあまり光らせたくない場合はここから先は必要ない場合もあります。

光レイヤー追加

写真トレース6

一番上に新規レイヤーを作りグループ化して光を入れていきます。

今回はレイヤーモードは通常です。

光レイヤーだけにするとこんな具合です。

写真トレース61

グループ化しているのではみ出したところは影響あたえません。

不自然に削れているところは光らせたくないところを消した跡です。

ハイライトを追加

写真トレース62

あとはハイライトをさらに描きたしたりしています。

右に比べると左の画像の赤丸のついたところがハイライトが強くなっているのがわかるでしょうか?

完成

写真トレース7

背景の描き方講座まとめ

背景の描き方講座

2016年10月29日
背景の描き方講座まとめページ
他にも空、山、草原、木などなど、さまざまな背景の描き方を紹介しています!
まとめページから他の背景の描き方も見ていただけたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です