スマートオブジェクト -変形させてもフィルターかけても、元に戻せる!-

こんにちは出雲寺ぜんすけ(‎@blankcoin)です。

 Photoshopは定期的にバージョンアップされていますが、
古いバージョンでも必要な機能は完成されていてるし馴染んだバージョンで充分。

 そのように考えていると意外に便利な機能を見落としてしまうことがあります。
せっかくバージョンアップしても新機能を活用できていなかったりしてもったいなかったりします。

 たとえば、PhotoshopCS2からスマートオブジェクトという機能があります。

 普通は一度縮小したレイヤーは拡大させてもグダグダな感じになってしまいますが、
 このスマートオブジェクトを使えば、変形させてもフィルターかけてもいつでも元に戻せるというイカした機能です。

スマートオブジェクトに変換

このように、レイヤーを右クリックしてスマートオブジェクトに変換を選択すると
スマートオブジェクトのアイコン

 サムネール右下にスマートオブジェクトのアイコンが表示されます。

スマートオブジェクト適当に変形

 試しにこのスマートオブジェクトにしたレイヤーを適当に変形させてみますが、実はスマートオブジェクトのアイコンダブルクリックすると

 このような.psbという拡張子のついたウィンドウで元の変形前の画像が開かれます。

psbという拡張子のついたウィンドウ

 普通に縮小や変形をしてしまうと元の状態に戻すことができませんが

 スマートオブジェクトでは元の画像が保持されているので、再変形などしても画像が劣化せずにすみます。

 また、この.psbというスマートオブジェクトのファイル自体も普通のファイルと同様にレイヤーを増やしたりできるので、このスマートオブジェクトの平面の画像に色を塗って保存すると、変形した方も塗られた状態に適用されます。

 ようするに変形後に後で修正するかもというものはスマートオブジェクトにしておくと後で同じ形に再度変形させなくてもいいので、便利だと思います。

 しかし、このスマートオブジェクトの機能非破壊で色々といじれるというのは便利なのですがPhotoshopCS3まではスマートオブジェクトの変形で通常のレイヤーと同じように「自由な形に」が使用できなかったのです。

スマートオブジェクト01

CS3までは通常のレイヤーではできる「自由な形に」がスマートオブジェクトの場合、グレイになっていて使用できない状態のため、このように平行にしか変形できませんでした。

スマートオブジェクト02

CS4からはこのように普通のレイヤーと同じようにスマートオブジェクを「自由な形に」で変形できるため、パースに合わせることができるようになりました。

  CS3までは、このようにスマートオブジェクトをパースに合わせて変形することができなかったので背景を描ために利用するには致命的でした。

 しかし、CS4以降ではスマートオブジェクトを「自由な形に」で変形できるようになったことで背景を描くのにも便利な機能になりました。

 これを利用すれば立面図を修正することで実際の背景に修正を変更できるというわけです。

また、スマートオブジェクトは複製できるので、同じ物が複数ある場合は一括で修正できるのです。

使い方しだいで色々と便利になりそうな機能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です