絵師による絵師のための無料写真素材サイト『Blank Phostock』公開!

【pCloudの使い方】ダウンロードからインストール、環境設定方法を徹底解説

9 min
Pcloudの始め方アカウント作成

こんにちは出雲寺ぜんすけ(‎@blankcoin)です。

先日、クラウドストレージを買い切りのpCloudにしたことについての記事を書きました。

その記事ではなぜpCloudにしたのかということやpCloudの特徴などを紹介しましたが、今回は実際にpCloudを使うにあたっての使い方の解説をしたいと思います。

基本的にDropboxなどのクラウドストレージを使ったことがあれば特に困ることはないのですが、英語で書かれているところに翻訳を入れたりしているので、pCloudを使い始める人のお役に立てば幸いです。

pCloudのダウンロードからインストール

まずはpCloudの公式サイトのトップページを開きます。

  1. STEP

    アカウント作成

    ログインする必要があるのでアカウントを作成するかGoogleアカウントと連携するかします。

    ちなみに上記画像はブラウザの自動翻訳で日本語になっていますが元は英語だと思います。

    メールが届くので「CLICK TO VERIFY EMAIL」をクリック

    ちなみにVERIFYは『確認』という意味。

    登録したメールとパスワードでログインできるようになります。
  2. STEP

    ダウンロード

    公式サイト一番上のダウンロードタブを開くとダウンロード画面になります。

今まで他のソフトやサービスをダウンロードやインストールしたことがあれば特に困ることもないと思います。

pCloudの無料分の増加方法

pCloudをダウンロードしてログインすると以後pCloudの公式サイトのトップページはそれまでのログイン用の画面でなく、自分のpCloudのファイルマネージャー画面になります。

pCloudのファイルマネージャー画面

画面の上部に1~6のステップが書かれている場所がありますが、これをこなすと無料ストレージが増えます。

PCのpCloudをダウンロードせよ

ダウンロードしたあとに何か適当なデータをアップしたりして実際に使ってみるともう一段階進みます。

スマホのアプリ版を入れて写真の自動アップロードをせよ

上記のような感じでわりと簡単な課題をこなすと無料で7GBまで使えるようになります。

まぁ、ゲームアプリでいうところのチュートリアルまで完了させると7GBまでアンロックされるイメージです。

そして、最後のステップが3GB残っているのですがこれは他の人招待をするごとに増えるというやつですね

招待リンク

https://u.pcloud.com/#page=register&invite=sy2Q7Z4udFHX

こんな感じの招待用のリンクがあるので、たとえば「こちらからどうぞ」というようにリンクを張ったりSNSなどで紹介するともらえるってわけです。

ちなみに僕はすでに課金しているので、この招待リンクは使えないです。課金後は以下画像の文言が表示されるようになります。

Sorry but this competition is available only for users that do not have Lifetime Plans(申し訳ありませんが、このコンテストはライフタイムプランをお持ちでないユーザーのみが参加できます)

無料だけで10GBにして運用しようとするとこの招待ってのはわりとネックになるかと思います。

そんなわけで無料分だと7GB使えると思っておいていいんじゃないかと思います。

7GBや10GBだとそれこそスマホのカメラアップロードで動画ファイルとかあるとわりと埋まるぐらいなので、やはりちゃんと使おうと思うと課金する必要ありだと個人的には思います。

ただ、それでもこの無料があることでpCloudの使い心地を実際に試すことができるので、納得したうえで課金できるのでありがたいです。

pCloudの環境設定方法

基本的にはインストールできたら上記の無料追加方法がそのままpCloudの使い方のチュートリアルになっているので、基本的な使い方は問題ないかと思います。

ここではpCloudの設定について軽く説明します。

タスクバーにあるpCloudのアイコンを右クリック。Preferences(環境設定)を選択すると設定画面が開きます。

pCloudのAccountタブ

pCloudのPreferences(環境設定)アカウントタブ

この画面でpCloudの残りの容量が確認できます。InviteFriendは前述した紹介リンクのページが開きUpgradeが課金ページを開く感じです。

pCloudのBackupタブ

pCloudのPreferences(環境設定)バックアップタブ

PCのバックアップ設定のタブです。過去バージョンを1年間復活できるようです。

じつは僕はまだ使っていない機能ではありますが、定番のフォルダを指定してバックアップ取れるので、ローカルデータの保存に便利かと思います。

pCloudのSyncタブ

pCloudのSync(同期)タブ

画面下部の黄色い!マークのところには
「もし、シンクされているフォルダのデータ消したらローカルとpCloudの両方のデータが消えるから気を付けてください」
といった内容が書かれています。

同期したいフォルダを追加するときは右上にある『Add New Sync』をクリックします。

ローカルフォルダとpCloudフォルダをそれぞれ選んでAdd Syncをクリック

僕の場合はスクショのとおり、ドキュメントフォルダに同期用のフォルダを作っていますが、どこでも指定できますし複数の同期フォルダを作ることもできます。

pCloudのSettingsタブ

pCloudのSettings(設定)タブ

pCloudの設定タブにはさらに『General全般』『Speed』 『Disk Usage ディスクの使用状況』『Crypto暗号』 『Backup/Sync Exclisionsバックアップ/同期の除外』とタブでわかれています。

General全般

  • パソコンのスタートアップでpCloudを起動する
  • コンテキストメニューにpCloudを表示する
  • ファイルステータスアイコンを表示する
  • スクリーンショットをアップロードする
  • 言語設定

Generalタブでは上記内容が設定できます。

普通に考えてpCloudをスタートアップは基本的にチェック入れるとしてコンテキストメニューというのはマウスを右クリックしたときに表示される以下の画像の赤枠の部分のことです。

コンテキストメニューにpCloudを表示。チェックボックスを外すとこれが消えます。
ファイルステータスアイコンというのはこれ。同期中は青い円形矢印アイコンで同期完了していると緑にチェックマークのアイコンが表示されます。

そして4つ目のチェックボックスはスクショをpCloudのアップするかという設定です。

これにチェックをいれるとPCでキャプチャした画像がpCloudに『Screenshots』というフォルダができてそこに保存されるようになります。

こうしてブログを書く際にもスクショはよく使いますし、画像を保存したりする際にも便利な機能だと思います。

・Upload Screenshots
your screenshots are saved in the folder Screenshots
スクリーンショットをアップロードする
スクリーンショットはScreenshotsフォルダーに保存されます
・Copy Download link to clipboard every time
毎回ダウンロードリンクをクリップボードにコピー
・Set screenshot link to expirein a month
スクリーンショットのリンクを1か月で期限切れに設定する

ぜんすけ

ぜんすけ

僕の場合は別の範囲指定できるソフトでスクショしているのでチェック外していますが、そうでなければチェックいれておいてもいいかもです

そして最後の言語設定は日本語は今のところないのでとりあえず英語のままでいいかと思います。

Speed

Speedタブはこんな感じでアップロードやダウンロードのスピード制限をできるみたいです。
僕はデフォルトのまま特にいじってません。

Disk Usage ディスクの使用状況

Minimum Disk Space

pCloudはデータをアップロードするときに一時的にローカルのストレージ容量を使うんですが、大量のデータを一気にpCloudに入れようとしたときに使わないでおくディスク容量を指定する箇所ですね。

ちなみにrecomendedは『推奨』って意味です。

On Disk Cache Size

pCloudで使うキャッシュサイズを指定できます。ローカルに余裕があればこれを大きくしておくことでより軽快になりますが、ローカルストレージ容量を食うのでそのあたりは空き具合と相談ですね。

キャッシュの場所選択とキャッシュクリア

『Choose cache location』でキャッシュの場所を選択できます。 『Clear cache』でキャッシュをクリアすることができます。

Crypto暗号フォルダ

追加課金の必要な暗号化フォルダの設定です。

pCloud Crypto
Lock Crypto Folder on Sleep mode

スリープモードに入ったときに暗号化フォルダをロックをかける場合はチェックを入れます。

Unlock your Crypto Folder on pCloud Drive start

暗号化フォルダをpCloudが起動したときに自動でアンロックすることができます。

最後の『Reset』ボタンから暗号化フォルダのパスワードをリセットすることができますが、暗号化フォルダ内のデータを消すことになるようなので、パスワードは忘れないようにしましょう。

ぜんすけ

ぜんすけ

僕は暗号フォルダを作るpCloud Cryptoにも課金しましたので、使い勝手などのレビュー記事も作成したのでCryptoについては▼以下の記事もあわせてお読みいただければと思います。

≫pCloudの暗号化で情報漏洩を回避【軍用レベルのクラウドストレージのセキュリティ対策】

Backup/Sync Exclisionsバックアップ/同期の除外

バックアップや同期の除外フォルダをここで指定できます。

ドキュメントフォルダとかは結構アプリが勝手にフォルダ作ってたりするので、ここでうまく指定すればバックアップ不要なものを除いて必要なものだけバックアップとれるというわけですね。

pCloudのPreferences(環境設定)の基本的なところは以上ですが、タブには他に『Share』や『File Requests』などもあります。
というわけで、続いてはpCloudの『Share』共有機能の使い方を解説していきます。

【pCloudの共有】Shareシェア機能の使い方

シェア機能を使うとデータの受け渡しなどをpCloudで行うことができます。

共有したいファイルを右クリックしてコンテキストメニューでシェアリンクを選ぶと次のウィンドウが表示されます。

Do more With your Links
Control what others can do with this link.Secure the link with a password or expiration date.
Allow others to upload to the folders you share.Open your link settings.
リンクをさらに活用する
このリンクで他の人ができることを制御します。パスワードまたは有効期限でリンクを保護します。
共有しているフォルダに他の人がアップロードできるようにします。リンク設定を開きます。

そして、Link settingsをクリックすると次のウィンドウになります。

ここで出たリンクをコピーして相手に伝えるとこのデータを受け渡すことができます。

パスワード保護とExpiration (有効期限)をつけることができます。

Password protection

6文字以上のパスワードを入力してSaveをするとパスワードをかけることができます。

データ共有の有効期限を決めることができます。

共有されたファイルの画面。設定したパスワードを入れるとダウンロードできるようになります。

ちなみにパスワードをかけていない場合はそのままファイルを見たりダウンロードすることができる状態で表示されます。
firestorageなどファイル転送サービスの代わりに特定の人にデータを受け渡すつもりでの利用でしたら基本的にパスワードや有効期限を入れておくといいかと思います。

フォルダの共有

ファイルをシェアするのと同様にフォルダ単位でもシェア可能です。複数のファイルを一度に受け渡すことができます。

フォルダ共有への招待

前述のShare Linkでもファイルだけでなくフォルダも共有できるのでInvite to Folderとの違いはなに、同じもの? と思うかもしれませんね。

手軽に見せれるShare Linkに対してInvite to FolderはpCloudにサインインしてもらう必要があります。

Invite to Folderは相手にサインアップする手間をかけさせてしまいますが、その代わり閲覧だけでなく編集権限を与えることも可能になります。

エクスプローラー右クリックのコンテキストメニューからInvite to Folderを選択するとこのウィンドウが出ます

Inbite More Collaboratorsの欄に招待したい人のメールアドレスを記入します。

招待する相手がviewの閲覧のみかeditで編集可能かを選ぶことができる
招待するとこのような感じにリストに表示されるので複数人数を招いたり管理することができます。

pCloudのInvite to Folderで招待した相手にはこのようなメールが届きます。

In order to access the folder, accept the invite. If you don’t have a pCloud account, you’ll be prompted to sign up.
フォルダにアクセスするには、招待を受け入れます。 pCloudアカウントをお持ちでない場合は、サインアップするように求められます。

【pCloudの共有】File Requestsファイルリクエスト機能の使い方

そもそもファイルリクエストとは?

すでに他のオンラインストレージを使いこなしている人には当たり前なのかもしれませんが、僕は今まで他のサービスでも特にファイルリクエストという機能を使っていませんでした。

そんな僕のようなかたもまだまたいるのではないかと思いますので、簡単にファイルリクエスト機能について解説します。

ファイル転送サービスの場合は圧縮ファイルをダウンロードして解凍したりすることになりますが、ファイルリクエストの場合はデータを直接指定したフォルダ入れてもらえます。

ファイルリクエストの特徴
  • 複数の人からデータを集めるときに適している。
  • 基本的にアップロードした人同士は見ることができずリクエストした人だけが見れる。※ファイル共有をしない限り

このような特徴があるので、先生が生徒に課題の提出を求める場合などに便利なんだとか。

仕事を複数人に対して発注している人の場合であれば、納品ファイルの回収にも使えるんではないかと思います。

pCloudのFile Requestsの使い方

File Requestsに使うフォルダを選ぶ

またなにも使っていないとこのようにまっさらの状態。Request Filesをクリック

Request Files』をクリックすると次の『Choose pCloud Folder』ウィンドウがポップアップします。

すでにpCloudにファイルリクエスト用に使いたいフォルダが作成済みの場合はこの『Choose pCloud Folder』でフォルダを選択し『Select』をクリックします。

まだファイルリクエスト用のフォルダがない場合は『Create New Folder』をクリックするとさらにフォルダ作成のウィンドウがポップアップされるのでそこに名前を入れてCreate New Folderをクリックします。

File Requestsのリンクを送る

File Requests用にフォルダを選ぶとこのようにリストに並びます。右のほうにある『Action』をクリックするとFile Requests用のリンクコードがクリップボードにコピーされます。

特にリンクコードが表示されるわけではなくコピーされているので、メールなどの連絡手段の場所にペーストするとリンクコードが貼り付けられます。

File Requestsのリンクコードを送られた側の見えかた

リンクコードを受け取った相手がページを開くと、こんな感じのページが表示されます。

英語でClick Here to Add Filesと書かれているとおりクリックすることでアップロードするファイルを選べます。もしくはファイルをドラッグすることでもOKです。

アップロードボタンを押すと、サインインしていない場合はCreate accountが表示されますが、一番上に表示されているとおりファイルはすでにアップロード済みです。

正直一度も使っていなくて、どんな機能かわからずまっさらな状態だと最初にRequest Filesを押すのはためらわれたかと思いますが、実際にどんな機能で使い方なのかわかると今度使ってみようかなという気になりますね。

ぜんすけ

ぜんすけ

Request Filesされる相手はpCloudのアカウント不要でアップロード可能です。

【pCloudの共有】シェアリンク、フォルダ招待、ファイルリクエストの違い

なんか色々な機能があったんで、どう使い分けていいか迷っちゃうんじゃないかと思うのでザックリまとめました。

機能共有相手サインインどう使うか
Share Link自分→相手不要リンクを送ってデータを受け渡す
Invite to Folder自分⇔相手必要共同でデータを入れあったり、編集したりする
File Requests自分←相手不要リンクを送ってデータを提出してもらうとき

お互いにアカウントを持っていればInvite to Folderは双方からデータを渡せるますが、自分しかpCloudのアカウント持っていない場合でもShare LinkとFile Requestsを使えばデータの受け渡しは行えるってわけですね。

仕事の依頼を装った攻撃などの危険回避のために、見知らぬ相手からのリンクを踏まない対策としてファイルリクエスト機能を活用するという運用方法も悪くなさそうですね。

pCloud Premium

pCloud Saveで画像保存を容易にする

pCloud Saveというブラウザ拡張機能を使うことでpCloudに簡単にネットの画像やテキストなどを保存することができます。

pCloud Saveについては詳しくはこちらの別記事で解説しているのでそちらを見ていただければと思います。

【pCloud Save】ネットの画像保存を手軽にするブラウザ拡張機能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA