ゲーム業界などデザイナー向け転職サイト、転職エージェントまとめ

転職サイト転職エージェントまとめ




こんにちは出雲寺ぜんすけ(‎@blankcoin)です。

デザイナー、クリエーターが使える求人サイトなどまとめました。
 
 いきなりこれを言ってしまうのもどうかと思いますが、個人的にはどの転職エージェント会社がいいか比較して選ぶというのはあまり意味がないかなと思っていたりします。

 業界の知識とか各社の内情の把握具合とか有意義な相談に乗ってもらえるかとか、それらは個人に由来するところが大きいと思うのです。

 なんですが、エージェントの人も転職するわけで、今まで別の転職エージェントだった人が別の転職エージェント会社に移ったりは日常的に起きています。

実際に僕が転職している最中に担当してもらっていた転職エージェントさん自身も転職して別の転職エージェント会社に再就職していたという経験があります。

 そして、その会社のどのエージェントが自分の担当になるかは完全にガチャだと思いますが、違うなと思ってもチェンジと言うわけにもいかないでしょう。

 なので、一つのエージェント会社を入念に調べて厳選するというよりも、行ってみて違うなと思ったら別の会社を使うぐらいのスタンスでいいのではないでしょうか。

注意
しかし、複数のエージェントを同時並行だと応募済み企業とかの情報共有とか煩雑になりそうなので超絶急ぎでなければ使用タイミングをずらしたほうがいいかもですね。

デザイナー、ゲーム系転職エージェント

ファミキャリ!(クリーク・アンド・リバー社)

ファミキャリ!

クリーク・アンド・リバー社のゲーム業界特化の転職エージェントサービス。クリーク・アンド・リバー社はゲームの自社開発もしていたと思いますので、会社としてクリエイティブなことの知見は高いのではないかと思います。

 僕も過去2回の転職で使わせていただいています。

WORKPORTワークポート

WORKPORT

 元はITとかゲーム業界特化だったようで、それらの業界の求人には強いのではないかと。
僕も1回目の転職で使わせていただきました。

 2回目の転職は複数のエージェントを使うまでもなく決まってしまったので、使いませんでしたがまたお世話になるかもしれません。

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoネオキャリア

 1回めの転職時に利用しましたが、色々な会社にどしどし応募しまっくってくれて頼もしい印象でした。

マイナビクリエイター

マイナビクリエイター
 マイナビ転職などの求人サイトで有名な会社のエージェントサービス。
僕は求人サイトのほうは見ていましたがエージェントはまだ使ったことはないです。

イマジカデジタルスケープ

イマジカデジタルスケープ
Web・ゲーム・IT・映像業界専門の転職・派遣エージェント

シリコンスタジオエージェント

シリコンスタジオエージェント
ゲーム、映像業界特化エージェントなのでサイトにならぶ企業もおなじみのゲーム会社が並んでます。業界特化なので、エージェントも皆業界に詳しいと思われます。

ユウクリ

ユウクリ
デザイナー転職エージェント

Geekly

Geekly
IT web ゲーム特化エージェント

マスメディアン

【転職エージェント】マスメディアン

ゲーム系はないわけではないが、少ない印象。webとかパッケージデザイン等のデザイナー系の転職エージェント

クリエイターの人材派遣【マスメディアン】

同様に広告・Web業界系の派遣。時短勤務OKの派遣など紹介されています。

doda

doda

dodaは転職サイトのほうもあり、そちらで調べるとどんな会社をエージェントが取り扱っているか確認できます。
大手ゲーム会社も多数並びますので興味がある会社がたくさんあるようならエージェント登録するのもありかと。

スカウトサイト

gjob

gjob
ゲーム特化のスカウトサイト。
エージェントではなく企業から直接オファーがくるタイプ。

ビズリーチ

ビズリーチ
初見だとゲームとかの転職見つけにくいですが、高給の転職サイトTOPページの
もっと詳しい条件で探すをクリックした先の職種でゲームがあるのでそこを見るとデザイナー職が見つかります。

こちらから応募ではなく企業またはヘッドハンター(エージェントと同義かな?)からスカウトがくるのを待つタイプ。

デザイナー、ゲーム系の求人のある転職求人サイト

 最初の3つはとりあえず転職を考えたら見るような定番のサイトではないでしょうか。

リクナビネクスト

リクナビネクスト
言わずと知れた、定番の求人サイト。個人的な印象ですが、なんとなく良い求人案件が多そうなイメージを持っています。

イーキャリア

イーキャリア
こちらも定番の求人サイト。個人的には昔から好んで使っています。

マイナビ 転職

マイナビ 転職
こちらも定番のサイトですね。勤めていたゲーム会社でもこちらに求人出していました。

Green

Green
ゲーム系の求人多数。今回調べて知ったサイトですが、求人件数も多く良さげです。
今後は自分的には定番として最初に確認するサイトの仲間入りするかもです。

RAKUJOB

アニメゲームマンガ専門求人サイト
RAKUJOB<

専門サイトだけあり、職種などかなり細かく選択できます。

 他の求人サイトと違い写真のない求人も多いので、どこまでが緊急性のある求人なのか不明ではありますが、求人件数は多いので自力応募の参考になると思います。

仁王

仁王
求人件数は多いですが、企業サイトのリンク集に近い印象。

このサイトからの応募というよりも企業の求人ページにリンクが張られているので自力応募の参考にいいかと思います。

indeed

indeed
TOPページがGoogleみたいにシンプル。ゲームなどキーワードを入れると求人ページが出てきます。
他サイトだとカテゴリー選択ミスって全然求人ないと勘違いすることよくあるので、この検索メインのUIは斬新かつ良いかもですね。

IT転職ナビ

IT転職ナビ
こちらのゲームのページからのほうが職種を指定できて調べやすいかも。
かなり多数求人件数でます!

ですが、結構な数の情報提供元がWORKPORTさんになっていました。

 逆にWORKPORTさんがどんな求人案件持っているのかを確認できるとも言えるかと。

その他、ゲーム系は多くはないがある求人サイト

転職ナビ

転職ナビ
名前は似ているが↑のサイトとはまた別のサイト。

Find Job!

Find Job!
ゲーム系のデザイナーは少なめ。

エン転職

エン転職
ゲーム系のデザイナーは少なめ。web系など。

アルバイト

フロムエー ナビ

フロムエー ナビ

お役立ち

ミイダス

MIIDAS(ミイダス)

経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析してくれるアプリということです。

自分から探すタイプではなくオファーが来るタイプの転職サービスですね。

前職の働いていた時期やポジションやスキルを入力すると、類似ユーザーのオファー年収や選考条件に合致した企業数が出てきます。

自分の名前など個人を特定できるところは登録した後でいいので、とりあえず市場価値を見るところまでやってみても面白いかもですね。

答えた内容で少しずつオファー年収や企業数が変動するので、どの質問が一般的に年収に影響を与えるのかとか分析できるかもです。

転職会議

転職会議
自分の過去勤めていた会社の口コミを投稿することで他の人の書いた口コミを見ることができるサイト。

投稿しなくても、途中までなど一部見ることができるので自分の働いていた会社で検索し、「これは何年前に辞めた●●さんが書いたやつかな」などと楽しむこともできますし応募しようとしている企業の口コミがあれば参考になることもあるかもです。

とはいえ、辞めた人が書くのでそのあたりのバイアスは考慮必要かもですね。

新卒用就職エージェント

僕はもう使う機会はないですが、これから就活をする学生の方もこのブログを見てくれていると思うので新卒用のものもいくつか。

digmee

新卒採用サービス【digmee】

キャリアパーク!就活エージェント!

【キャリアパーク!就活エージェント!】

JobSpring

JobSpring


ブックマークしていた求人サイトをまとめつつ、新たに調べたサイトを追加したりしました。

失業中の自分としては自分用に調べたメモ代わりですが、お役に立てば幸いです。

これで今後はこの記事を見直せばいいのでブラウザのブックマークの転職フォルダを削除できます

 オススメのサイトなどありましたら追記するのでご連絡よろしくお願いします!
お問い合わせ

在宅イラストレーター の仕事ができる登録サイトまとめ【知っておくべき種類と特徴】

2020年2月22日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です