絵師による絵師のための無料写真素材サイト『Blank Phostock』公開!

クリスタのブラシ先端登録の罠_レイヤーの表現色を変更するのを忘れるな!

3 min
クリスタのブラシ先端登録の罠_カラーモード変更するのを忘れるな!

こんにちは出雲寺ぜんすけ(‎@blankcoin)です。

今回はCLIP STUDIO PAINT PRO ブラシ先端画像の登録の話をしようと思います。

Photoshopユーザーが今までの調子でブラシを作成しようとすると間違いなくハマることがあります。

それはブラシ先画像を登録するときにレイヤーの表現色を変更せずに『色の変更できないブラシを作ってしまう』ということです。

じつは、なにもせずに登録してしまうとクリスタの場合、そのまま描画色の情報が含まれて登録されてしまいます。

この記事ではクリスタで色を選択することができるブラシの新規作成方法を解説します。

▼クリスタの使い方のまとめ記事はこちらから

≫CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の使い方を徹底解説!【初心者向け】

【クリスタ】レイヤーの表現色をグレーかモノクロにする

灰色の部分がなくはっきりした黒しかない場合はモノクロでいいのかもしれませんが、ブラシの登録する場合とりあえずグレーのほうで大丈夫だと思います。

登録するブラシ先画像のレイヤーを表現色をグレーに変更

まず、初めにブラシに登録する画像のレイヤーを選択します。

メニューから[レイヤー]>[レイヤーの変換]
クリスタ レイヤーの変換

表現色をカラーからグレーに変更します。
クリスタ レイヤーの変換 表現色グレー
▲たったこれだけのことですが、ブラシ作成で超重要なので要チェックです!!

なんか自分でブラシ先端素材作ったら黒くて見えにくい原因もコレ
同じブラシ先ですが左の黒いほうがレイヤー表現色を変更していないほうで右はしたほう。

レイヤーを表現色をグレーに変更しないでカラーのままだと、その素材画像の色そのままで塗るブラシになります。

なので黒いブラシ先画像を登録すると黒でしか塗れないブラシとしてこの画像の左側のようにして登録されてしまうのです。

普通に描画色で塗りたい場合は右側のようになっているのが正解です。

ブラシ先端を登録する

あとは普通にブラシ登録するだけなので問題ないと思います。

メニューから[編集]>[素材登録]>[画像]
クリスタ 素材登録
ブラシ先端の形状として使用にチェック
クリスタ ブラシ先端形状として使用
保存先はどこでもよく、自分でフォルダを作ることもできますが、ここでは一応既存のブラシフォルダに入れておきます。
クリスタ 素材保存先 ブラシ

クリスタのブラシ登録について

油断は禁物

単純なことですが、クリスタでブラシの登録を初めてやるときは間違いなく気が付かないことなので、ハマりやすいポイントではないでしょうか?

ぜんすけ

ぜんすけ

なんなら僕は二回目以降も同じことやりました…

そんなわけで、自分の備忘録のためにもこの記事作成したというわけです。

Photoshopだとブラシ登録の際にこのような仕様がないので、僕のようにクリスタでも同じ操作だろと高をくくってやるとこういうところでハマったりします。

まとめ

ちなみにこの方法は拙著デジタルイラストの「背景」描き方事典と同シリーズのCLIP STUDIO PAINTの「良ワザ」事典のブラシ登録の解説でも『point』として解説されていていますね。

これ僕も読んでいたので、この記述視界には入っていたはずなんですけどねぇ。

この記事を読んでくれた人は、こうして記事のメイントピックとして取り上げられていれば見落とすこともないでしょうということで…

クリスタのブラシ登録がうまくいかなかったときは、ぜひブラシ画像のレイヤーの表現色のご確認いただければと思います!

▲今回この記事で紹介したようなクリスタのtipsが色々と紹介されています。

今回のポイント
  • ブラシ登録したいレイヤーを選択
  • メニューから[レイヤー]>[レイヤーの変換]
  • 表現色をグレーにする

追記:自作ブラシで、思ったとおりの色で塗れないときの対処方法

普通にブラシの設定で濃度や不透明度が影響を与えているのかと設定をすべてみたのになぜだかブラシがスポイトで拾った色にならない。

そんなときはブラシ先端を作成時に問題があるかも!?

なにが起きているかというと描画色に背景色が混じった状態で描いているから色が思い通りになっていないかもしれないのです。

ブラシ先端画像は前述のとおり登録時にモノクロにしますが、そのときにこの黒と白のアイコンを選ばされます。

なんかよくわからんと適当におしてしまいがちですがこれが重要。

ブラシ先の登録画像に白い箇所が背景色で黒い箇所が描画色で塗れるように設定できるのです。

そのため白い箇所がある状態のブラシ先だと背景色の色が混ざってしまってスポイトで取った色と異なる色になるわけです。

描画色のみにしたい場合は左の■だけを選択。

ブラシ先を上手く工夫すると描画色と背景色を利用した面白いブラシを作成することができる仕組みです。

しかし、その機能を把握していないと

「なんか色がちゃんとでないんです……」

とはまってしまうところかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA