【クリスタのブラシ作成】紙質(用紙テクスチャ)は透過が必須!

今回はブラシ作成の用紙/テクスチャのCLIP STUDIO PAINT とPhotoshopの仕様の違いについてです。

これを知らないでPhotoshopユーザーがクリスタでブラシを作ろうとすると用紙のテクスチャがまるで反映されずにハマることになります。

僕と同じように無駄な時間を取られないためにもこの記事を見ていただけたらと思います!

【クリスタのブラシ作成】用紙テクスチャは透過が必須!

クリスタはブラシ用の用紙テクスチャ登録時も白黒ではだめでちゃんと透過させておく必要があります。

Photoshopだと白黒でも透過と黒でもどちらでも同じように黒い箇所が透過されます。

クリスタには黒と白でアルファ指定する概念がない!
Photoshopでは黒はアルファで消す箇所という概念があります。

クリスタにはこれがなく、レイヤーマスクでも黒い色のブラシでマスクレイヤーを描いても消せません。
透過色
▲レイヤーマスクを使うときも、この透過色を選択して消さなくてはなりません。

このクリスタとPhotoshopの違いが紙質(用紙テクスチャ)の設定をするときにも同様に影響がでてくるのです。

CLIP STUDIO PAINTとPhotoshopの用紙テクスチャ仕様比較

クリスタとPhotoshop用紙仕様比較

この画像のようにクリスタでは白と黒のテクスチャを紙質に用紙設定してもなんの影響もでません。

Photoshopでは透過されてなくて大丈夫だったからと、同じテクスチャをクリスタに持ってくるとまるでテクスチャが反映されません。

クリスタで白い箇所を透明にする方法

というわけで、もともと透過がない用紙テクスチャをクリスタでも登録できるように白い箇所を透過させる方法を解説します。

方法は簡単で、輝度を透明度に変換というのをやると一発で透過されます。

メニューから[編集]>[輝度を透明度に変換]
編集 輝度を透明度に変換

クリスタでの素材登録はレイヤーマスク残してるとダメ

ちなみにクリスタの場合レイヤーマスクがあると用紙テクスチャブラシ先端の素材登録ができません。

これを知らないと素材登録画面でなぜかできなくなっているところで頭を抱えることになります。
レイヤーマスクがあると素材登録できない

▲このようにレイヤーマスクがあると暗転して用紙テクスチャとして使用にチェックが入れられません。

マスクをレイヤーに適用させる必要あり

マスクの適用方法を二種類を紹介します。どちらでも結果は同じです。

編集 輝度を透明度に変換
メニューから[レイヤー]>[マスクをレイヤーに適用]

編集 輝度を透明度に変換
もしくはレイヤーパレットのマスクサムネイルを右クリックで[マスクをレイヤーに適用]

まとめ

そんなわけで、今回はクリスタの紙質のテクスチャは透過させておかないとダメというお話でした。

先日のクリスタのブラシ先端登録の罠クリスタのブラシ設定の初見殺しを攻略!という記事と合わせて読んでいただければクリスタでブラシ作成をするときの躓きポイントをかなり取り除けるのではないかと思います!

そして先日僕の作成したブラシのクリスタ版が発売しましたのでよろしければぜひ見ていただけたらと思います!

ではまた!



クリスタ版ブラシ


出雲寺ブラシセット

クリスタ版発売

プロのこだわりのオリジナルブラシがついにクリスタ仕様で登場!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です