絵師による絵師のための無料写真素材サイト『Blank Phostock』公開!

在宅でイラスト仕事ができるストックイラストってなに?

10 min
イラストストック

こんにちは出雲寺ぜんすけ(‎@blankcoin)です。

当ブログでは以前、在宅イラストレーターの仕事ができる登録サイトという記事を書きました。

そちらはイラストの仕事を発注を受けるサイトを集めたものだったのですが、今回はストックイラストのサイトをまとめてみたいと思います。

別記事に分けた理由としては結構同じイラストの仕事ができるサイトといっても結構仕事の在り方が違うためです。

さて、そんなわけでストックイラストとクラウドソーシングなどイラストの受注サイトとで、いったいどんな違いがあるかなど知っていただいてイラストを仕事にするヒントになればと思います。

ストックイラストってなに?

イラストを使いたい企業や個人が使えるイラストを集めたサイトには無料のものと有料のものがあります。

無料の「いらすとや」が一番有名なのではないでしょうか。

「いらすとや」ほどになると無料で圧倒的な種類があるので今や街中でいたるところで見かけます。

無料イラストのサイトは他にもあるのでいずれ無料サイトのみまとめた記事も作成するかもです。

しかし、企業などの場合内部資料ならともかく外部向けのもので「いらすとや」を使うわけにはいかない場合もあります。

そんなときに使うのが有料のストックイラストになります。

もちろん他の企業などと被ってしまう可能性はいなめませんが、それでもストックイラストには多数の作家が登録しているので、絵柄の選択肢の幅も広いですね。

本当に一点物で他で使用されていないものの場合イラストレーターに直接頼むなど必要です。

しかし、かならずしも専用でなくても大丈夫という場合、ストックイラストという選択もあるというわけです。

ストックイラストと依頼イラストの比較

厳密にいえば異なるケースもありますが、サービスの性質としてはこのようなイメージになります。

料金他ユーザーとの被り
無料イラストサイト無料多い
ストックイラストお手頃価格少ない
イラスト依頼高額ない

特にイラストの依頼で一点ものなら本来高額であるべきなんですが、ココナラSKIMAなどのイラスト依頼サービスやクラウドワークスのようなクラウドソーシングでお手頃に依頼できてしまうケースもあります。

ストックイラストの特徴

「ストック」は溜めるイメージでそれに対して「フロー」が流れですよね。

イラストレーター側に著作権があることが多く、ストックイラストにおいては相手が一人や一企業ではないので、気に入ってもらえる回数が多ければ多数収入が入る仕組みです。

もちろんイラスト1点の1回での利用料は通常の請負のイラスト仕事よりも安くなると思いますが、使われるたびに収入が入る仕組みなので長い目で見て特になる可能性はあります。

イメージとしては書籍の印税収入にも少し近い形ですね。発売したときだけでなく後で売れたときにも収入が入ってくることがあるというわけです。

一度だけの収入で終わってしまう仕事に比べ、積みあがっていく感じは魅力的ではないでしょうか。

デメリット
  • 数を用意しないと厳しい
  • 最初はタダ働き状態を覚悟
メリット
  • 働いていないときでも収入が入る
  • 依頼不要でみずから仕事を作れる

クラウドソーシングやイラスト制作会社からの依頼は大半が著作権譲渡であることに比べ、ストックイラストは逆に大半がイラストレーターが著作権を保持できるというのが大きなメリットです。

PIXTA

PIXTAはイラストだけでなく写真、動画、効果音、BGMなどあらゆる素材のダウンロード販売をしているサイトです。

こちらにクリエイター登録することでイラストなどの素材販売をすることができます。

ちなみに写真にイラストフィルタ加工しただけなどのような誰にでもできてしまうものは審査ではじかれるようです。

PIXTAの素材を仕事で使う

イラストを投稿して稼ぐというストックイラストの話をしてきましたが、逆に写真とかの素材販売を購入して自分のイラストに活用するというためにもPIXTAは使えますね。

たとえばPIXTAで写真を購入して背景イラストを描くということもできるわけです。

とはいえ受ける仕事の単価が安かったりすると利益が出ない可能性もありますね。

ゲームなどで1枚の単価がそれなりにあればいいですが、アニメ背景などだとLサイズを買ったら逆に赤字になりますからねぇ……。

しかし自分では撮影が困難な場所であったりロケハン行く交通費のほうが高くつく場合などもあったりすると思うので、コストの折り合いがつけば写真素材を活用するのもありではないかと思います。

PIXTAの素材利用料金

画像定額制プラン

ダウンロード可能数月額1点あたり
月3点1,980円660円
月10点6,380円638円
PIXTA定額制年間更新プラン
ダウンロード可能数月額1点あたり
月3点3,630円1,210円
月10点9,900円990円
PIXTA定額制月々更新プラン

単品購入

販売価格22%のときの報酬額報酬率
S550円121円
M1980円435円
L3630円798円
XL5500円1210円
ベクター3850円847円
PIXTA単品の報酬率22~42%

この料金表を見る限り、単品購入でLを一枚買うなら月更新が同額で3点ダウンロードできるのでそちらがお得ですね。

単品購入でSサイズで問題ないのであれば550円と最安で購入できます。

PIXTAクリエイター販売利益

一枚売れるごとのクリエイターへの報酬は22~42%。

たくさん売れるほど多くもらえますが、最高ランクになるには一年で5000回販売する必要があります。

販売価格はS 550円、M 1980円、L 3630円、XL5500円なので22%の場合S 121円、M 435円、L 798円、XL1210円が報酬となるわけですね。

独占販売にすると30%からになるので報酬は上がります。

定額制というのがあり、その場合ダウンロードごとに0.25〜0.45クレジットということです。1クレジット=110円なので、27.5~49.5円ってことですね。

単体の販売に比べると定額制のダウンロード報酬は下がりますが、逆に利用する側からすると気軽にダウンロードできるので、ダウンロード数は稼ぎやすくなるわけですね。

そして定額制も有料なので、無料のダウンロードサイトであるイラストACに比べると1ダウロードで7倍近い報酬になります。

著作権

当社が複製等を許諾した後も、著作権等コンテンツに係る諸権利は、当該コンテンツのクリエイター会員又は著作権者に帰属し、会員に対し権利の移転は行われません。

PIXTA利用規約:コンテンツ提供契約

イラストAC

今回紹介している他のサイトは有料ですが、イラストACは無料で商用利用もできるイラストをダウロードできるサイトです。

  • 無料なのでダウロードされる回数は多いのが特徴。
  • 報酬は1ダウロード4円と少ない。

有料ではなく無料のダウンロードサイトなので多くダウンロードされるがダウンロードあたりの報酬は少ない。

この特徴からストックイラストを始めたばかりの初心者にとっては初報酬のハードルが低いので向いていると思われますが、大きく稼ごうと思うと難易度が高いようです。

最初から有料ストックだと反応がなく自分のどのような絵柄やテーマで進めていいのかわからないのでイラストACで試してみるというのもいいのかもしれません。

ただし、イラストACには著作権譲渡という注意点があるので、イラストACで試したイラストをそのまま別のストックサイトに投稿していいのか問題があります。

ストックイラストは著作権をイラストレーターが保持できることが多いと解説しましたが、イラストACは著作権を譲渡しなければならないので注意が必要です。

下記著作権の項目で引用したイラストACの利用規約によると「他の素材ダウンロードサイトにアップロードすることを許可します」と書かれているので、基本的には他のストックイラストサイトに投稿しても問題ないように思われます。

イラストACの規約を読む限り、相手方がイラストACのように著作権の譲渡を要求しないサイトであれば、クリエイターはイラストACに投稿した画像を他のストックイラストサイトにも流用できると書いてあります。

ただ、他のイラストストックサイトは違法な物をアップロードされては困るので基本的に自分が著作権を持っているものをアップロードするようにという規約があるので、ストックイラストに取り組んでいるイラストレーターの方の情報発信をみるかぎり、安全を期してイラストACにアップしたイラストを他のイラストストックサイトにアップロードすることを控えている方が多いようです。

イラストACの素材利用料金

無料!!

イラストACのクリエイター販売利益

報酬額
イラストAC1ダウロード4円

著作権

イラストをアップロードしたことにより、会員は、イラストの一切の著作権(著作権法27条及び28条の権利を含む)を弊社に譲渡し、以後、イラストに関する著作権は弊社に帰属します。

弊社はイラストをアップロードした会員がアップロードしたイラストを、他の素材ダウンロードサイトにアップロードすることを許可します。但し、アップロードした素材ダウンロードサイトが、イラストの著作権をダウンロードサイト運営者あるいはユーザーに移転させ、あるいは放棄させる内容のものである場合は、この限りではありません。また、弊社は、イラストをアップロードした会員がそのイラストを他の素材ダウンロードサイトにアップロードすることが許可される場合に、そのイラストが、そのサイトのユーザーにより適法にダウンロードされたときは、弊社はそのユーザーに対して著作権を主張しません。

利用規約

Adobe Stock

adobeユーザーという世界の広いユーザーを対象にできるというのがメリットですね。

Adobe Stockの素材利用料金

Adobe Stockは年払いと月払いがあり最小数だと年払いだと10点、月払いだと3点ダウロードできて3480円です。

最小数の場合金額は同じなので長く使うなら年契約のほうがたくさんダウロードできて得になります。

画像定額制プラン

ダウンロード可能数月額1点あたり
月10点3480円348円
月40点9480円237円
Adobe Stock定額制年間更新プラン
ダウンロード可能数月額1点あたり
月3点3480円1160円
月40点11880円297円
Adobe Stock定額制月々更新プラン

単品購入

枚数販売価格割引額
5900円0円
1616000円2880円
4036000円11200円
Adobe Stockクレジットパック

Adobe Stockクリエイター販売利益

クリエイターの報酬も33%となっています。

報酬額
Adobe Stock33%

Adobe Stock著作権

4.本作品の権利の帰属と使用
本作品に関する権限または所有権が本条件への同意の結果、アドビに移転されることはありません。

https://wwwimages2.adobe.com/content/dam/cc/jp/legal/servicetou/Adobe_Stock_Contributor_Additional_Terms_ja_JP_20200416.pdf

Shutterstock

Shutterstockは3億5000万点を超えるロイヤリティフリー画像、写真素材があるサイトです。

Shutterstockの素材利用料金

画像定額制プラン

ダウンロード可能数月額1点あたり
月10点3500円350円
月50点12000円240円
Shutterstock定額制年間更新プラン
ダウンロード可能数月額1点あたり
月10点6000円600円
月50点15000円300円
Shutterstock定額制月々更新プラン

単品購入

枚数販売価格1点あたり割引額
6000円1200円0円
2528000円1120円2000円
Shutterstockオンデマンドパック

オンデマンドパックは毎月課金ではなく、1回の支払いで5点1年間好きなタイミングでダウンロードできます。1枚ごとの単体での販売はないようでピンポイントで使いたい場合はオンデマンドパックになります。

毎月必要でなくたまに使うというのでしたらオンデマンドですが、日ごろから多数使うなら定額プランのほうが1点あたりの金額は安くなります。

Shutterstockクリエイター登録

海外の税金になるらしいので、売り上げがあがるようになったら税金面について調べるたほうが良いみたいですね。

わりとストックのサイトって海外が母体のとこも多いので、税金関係とかめんどそうですが、国内だけでなく世界的に販売できるのはやはり販売数増えるみたいですね。

Shutterstockクリエイター販売利益

報酬額
Shutterstock15%~40%

著作権

コンテンツ所有権
すべてのコンテンツの著作権は著作権所有者に属し、サービス規約のいかなる叙述も Shutterstock への著作権委譲として解釈されるものではなく、Shutterstock および Shutterstock のサブライセンシーに提供されたライセンスに従うものとします。

しかしながら、Shutterstock により発行されたライセンスに従い、顧客がお客様のコンテンツを使用することができるように、お客様は Shutterstock にコンテンツを寄稿することにより、ニューヨーク州の法令や米国著作権法、管轄を問わず同様の法令により本来認められる芸術的著作権や著作者人格権を明示的に放棄するものとします。

サービス規約

iStock

iStockの画像は結構ブログのアイキャッチ画像とか記事内の見出し下画像などで使われているのをみかけますね。

本格的にやっているブロガーさんはこういうところからイケてる画像を購入しているんだなというのがわかって面白いですね。

iStockの素材利用料金

画像定額制プラン

ダウンロード可能数月額1点あたり
月10点3000円300円
月25点5500円220円
iStockベーシック定額使用1年プラン
ダウンロード可能数月額1点あたり
月10点4000円400円
月25点6500円260円
iStockベーシック月極プラン

iStockベーシック定額は1点あたりの価格が安いですね。

しかし、ここで紹介したベーシックとは別にプレミアムがあってそっちだと1点あたり840円になるのでプレミアムにある画像が欲しい場合は1点あたりで他よりも高くなります。

単品購入

枚数販売価格割引額
1200円0円
3400円200円
6200円1000円
1211900円2500円
クレジットパック

単品購入があって、しかも1枚1200円なんで、ちょうど欲しいものがあった場合に購入しやすい価格だと思います。

枚数を増やすほど割引は多くなっていきます。上記表よりもっと枚数多くて割引されるパックもあります。

iStockクリエイター販売利益

報酬額
iStock写真15% イラスト20%

<ロイヤリティから控除される米国税>
米国税務手続き内でTIN(納税者番号)を入力しなかった場合、米国内の売上に対しては通常米国税30%が課される

日本と米国は租税条約を結んでいるため、TINを入力すれば免税・減税を受けられる可能性がある。

※日本のマイナンバー・法人番号を提示したい場合は「外国TIN」欄に、米国のTIN(社会保障番号、EINやITINなど)をお持ちの場合は「米国TIN」欄に入力

iStock作品を販売してる方・したい方へ

iStock著作権

自分の作品の著作権は、提出後も自分に属しますか?
もちろんです。弊社はあなたに代わって作品を世界中の顧客にライセンス付与しますが、著作権は作者であるあなたが保有します。

https://www.gettyimages.co.jp/workwithus

123RF

123RFの素材利用料金

画像定額制プラン

ダウンロード可能数月額1点あたり
月10点2775円278円
月150点6984円46円
123RF定額使用1年プラン
ダウンロード可能数月額1点あたり
月10点3700円370円
月150点10,300円69円
123RF月間プラン

単品購入

枚数販売価格1点あたり
2チケット1107円554円
40 チケット6,200円155円
90 チケット13,600円152円
200 チケット28,900円145円
チケットプラン

123RFクリエイター販売利益

報酬額
123RF30%~60%
$0.216~$0.432

著作権

著作権と保証
あなたは123RFRの「写真提出のガイドライン」を順守することに合意します。(詳細は写真提出の項目にあります。 )「写真提出のガイドライン」に記載されている条件や仕様に適合しないコンテンツを繰り返し提出した場合、アカウントを停止させていただきことがあります。
あなたは、あなたが18歳以上であり、本契約を締結する法的能力があることを保証します。本サイトの使用や、アカウントへの登録に際し、あなたは、あなたが18歳以上であることを保証します。

写真の著作権は写真家/コントリビュータに帰属します。 123RFは、あなたに代わって画像を販売するためのプラットフォームをご提供しているだけです。

あなたは、あなたの居住国の法律によって義務付けられている納税申告に責任を負うことを保証します。123RFR はあなたに支払われたコミッションに関連する税金の問題に一切責任を負いません。

123RF.COM写真提供に関する合意

まとめ

著作権についてはイラストACだけが譲渡。それ以外のサイトはクリエイターが保持でした。

サイト名月10点(年間更新1ヵ月価格)単品購入クリエイター販売利益
PIXTA6380円Sサイズ1枚 550円22~42%
1ダウロード27.5~49.5円
イラストAC無料無料1ダウロード4円
Adobe Stock3480円5枚 590033%
Shutterstock3500円5枚 600015%~40%
iStock30001枚 1200円写真15% イラスト20%
123RF2775円2枚 1107円30%~60%
$0.216~$0.432

素材を購入する場合

横並びで比較するために月10枚で表示したのでPIXTAが高いようですが、月3点のプランもありますし、単品でSサイズで良ければ一番お手頃価格で購入できます。

少ない枚数で試しに購入したいとかスポットで利用することを考えるとPIXTAではないかと思います。

年契約する場合は割安のサイトは123RFになります。

とりあえず価格面の比較としてはこんな感じなのですが、結局のところ使いたい素材があるかないかなので、実際に見てみないとって感じですね。

ストックイラストでクリエイターとして投稿する場合

クリエイターの利益率はほとんどのサイトがダウンロード数によって変動するので、一概にどこがお得といいがたいところがありますね。

このあたりは実際にストックイラストをやっている人の口コミを探すのが良いように思います。

まぁ、基本的に複数のストックサイト同時に使うのが常道っぽいのでどうせやるなら有名どころはひと通り使っていいのかもです。

イラストACだけは著作権譲渡があるので要確認。
規約を読んだ感じだとイラストAC側としては他のストックサイトに投稿することを許可しているので大丈夫なようにも読み取れますが、他のストックサイト側が自分が著作権を持っていることを条件にしている場合グレーな気がするので、確認が必要になりそうですね。

おわりに

僕自身は成果がでるまで継続する覚悟ができていないので今のところ僕はストックをやれていません……。

自分の対応できる絵柄や地道にやれる性格、生活環境がそろっていたら挑戦する価値のあるものだと思います!

ぜんすけ

ぜんすけ

何より副業とか、他の仕事の空き時間などに取り組みやすいのは魅力ですね!

僕はこうしてブログをたまに更新したり自分のコンテンツを育てるのは楽しいので、ストックサイトには挑戦できてないですが……

▼無料写真素材サイトを作ってみました!

出雲寺ぜんすけの無料ストック写真サイト

無料ストックフォト、テクスチャ配布サイト_ブランクフォストック

PhotoとStocで組み合わせてPhostocフォストックという造語。

これは、フォトバッシュなど写真を使った背景の描き方の解説をする場合、自前の無料写真置き場があると便利だなと前々から思っていて今回のようやく準備したわけです。

そんな感じで僕の場合は当ブログの背景描き方講座の一環として、無料かつ著作権保持で公開するため自前のストックフォトサイトを作ってみました。

しかし、個人の無料素材サイトは集客に難があるのでお金を稼ぐためにやるのは結構難易度高いのでは……という気がします。

ストックを仕事としてやるぞというのでしたら、今回紹介させていただいたようなストックサイトを活用するのが良いのではないかと!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です