CG背景講座 BLANK COIN
CG背景講座 BLANK COIN

SITE MAP


ぜんすけのブラシプリセット
レイヤー統合前PSD


 BLANK COIN(ブランクコイン)
  ここはPohotoShop背景絵描き
 出雲寺ぜんすけのサイトです。
 背景CG講座などがあります。

 「そういえば、気がついたら今までキャラしか描いてなかったけど、背景ってどう描いたらいいんすかね?」
 
 なんていうかたのためのサイトです。   

 もちろん背景風景萌えのかたも大歓迎!

















>

TOP 〉 過去ログ  

2008年 8

\

\ 2008/8/26

 

 そういえば、去年に引き続きa little magic さんのジャケット描きました。
 夏コミに持って行った分は全部売れたとのことなんで良かったです。
 
 って、CUE氏のブログ読んでみたら、全部売れても黒字になってないんかいw
 
 ジャケット描いたものの例によって会場には足を運ばなかった
 のですが、どうやら会場はかなり暑かったみたいですね。
 本当にお疲れさまでした。

------------------------------------------

   「スタジオジブリ・レイアウト展」
 

 「スタジオジブリ・レイアウト展」 に行ってきました
 場所は男鹿和雄展と同じ東京都現代美術館です。
 14時からのチケットで少し早めに着いたのですが
 入っていいとのことでした。
 

 チケットはローソンで購入なのですが、当日チケットでも入場
 できたみたいですね。
 でも、予約状況しだいのようなので当日券で行くなら混んでいない
 時間に行ったほうがいいと思います。
 おそらく14時すぎたころが一番混んでいました。

   途中で休んでいたらいつの間にか閉館まじかになっていて
 地下の展示はサラッと流して見て図録 やポストカードを買いました。

   ポストカードはレイアウトのと実際の映画の映像のとあって
 同じシーンのを買うとレイアウトと本番のを見比べられて
 良い感じです。
 僕も背景がメインのシーンのを数セット買ってきました。
 

   図録は3000円ほどしますが、ボリュームたっぷりだし
 お買い得っすね。
 家に帰ってからもゆっくり楽しめるし、男鹿和雄展の図録と
 見比べることも可能ですからこのレイアウトからこの背景が
 描かれたのかってのを見比べられます。
 あ、ちなみに男鹿和雄展の図録も売ってるので
 買いそこねていた人は要チェックですね。
     

   TUとかTB、ハーモニー、ダブラシとかレイアウトに書かれている
 用語の解説が平成たぬき合戦ポンポコの展示のところにあったので、
 アニメ用語の予備知識がない場合は先にそれを読みに行ってから
 最初に戻ってみるといいかもしれません。
         

------------------------------------------
      

海の描き方1

海講座1 2008/8/19

 

 夏だしやっぱここらで海を描いておこう!
 ということで、海講座に突入です。

   まずは線画ですね。

   海だけってのも絵的にさみしいので
 岩とか遠くの山とかも映る構図にしました。

   ちなみに、崖とか岩ですが、大きな岩とかの脇に
 小さい岩を2、3くわえておくとそれっぽくなります。

   雲とかでも、大きな雲の脇に小さな雲がポツポツ
 あるのと同じようなものですね。
 

 雲といえば、今回は夏なので入道雲(積乱雲)を
 いれました。

   空を描くうえで雲の存在は重要ですが、意外と雲の
 名前とかどういう雲なのかとか考えずに描いて
 しまったりしていませんか?
 層雲とか積雲とか色々と種類があったはずです。

      入道雲とそれ以外くらいの描き分けだったりとか。
 僕も結構そういうところあるので、小学生に戻った
 気持ちで雲の名前を復習してみようかと思います。

   まとまったら雲講座としてまとめてみようかな。

   まぁ、雲の種類とかよりもまずは構図とかのほうが
 絵としては優先されるので、それにとらわれすぎる必要
 もないと思います。

  ------------------------------------------

   携帯無料レンタルサーバー フリースタイル さまから
 リンクをいただきましたので、相互させていただきました。
 ちょうどいい機会だから携帯サイトとか作ってみるのも
 面白いですかね。

------------------------------------------

   
 心象背景の神威光司さんのメールマガジン「背景屋の考えること …心象背景…」が
 とても勉強になるので、ウチのサイトに来ているような
 背景に興味がある方はぜひメルマガ登録をオススメします。

    神威光司さんのホームページのGALLERYには素晴らしい背景が
 ありますが、それらが衝撃的なことに2時間程度で描かれているのです!

    そして、メルマガのバックナンバーで、どうして速く描けるのかと
 いうことについても語ってくれています。

       




岩の描き方

岩講座5 2008/8/9

 

 岩講座も今回で最終回です。
 とりあえず、↑の画像は最終的に色変えた画像です。
 ではさっそく説明に入っていきましょうか。


  岩の描き方1

 デッサンの本なんかで一度は見たことあるんじゃ
 ないかと思われる、反射光の球体です。
 反射光は球体を描くときだけでなく、様々なものを
 描くときにも活用できます。

   岩の場合も左にくらべて右のようになったほうが立体感が
 でたのではないでしょうか。



 さて、次に岩の表面のデコボコです
 何か物足らないときに入れると岩っぽくなったりします。
岩の描き方2
 描き方は単純です。凹を表現するために影とハイライトを
 入れるだけでできます。
 へんこんでいるものは、だいたいこんな感じで描けます。
   ちなみに岩と同じく月を描くときにもこれは使えます

   月も岩と同じ形のへこみもあっていいと思いますが
 月のクレーターは一度膨らんでからへこんでいたりしますよね。
 そのため少しだけ描き方を変えたりもします。

岩の描き方3
 

 このように、影の外側にさらにハイライトを入れることで
 穴のふちの盛り上がりを表現します。

------------------------------------------

     背景画集 草薙4

 さて、草薙画集4を買いましたので、さっそくレビューします。

   草薙画集4は主にFFシリーズの舞台デザインってことで
 大半が線画になってます。

   個人的には背景設定の資料が欲しかったので
 うれしかったですね。

   美術設定はアニメやゲームの設定集にもおまけ程度に載ってたり
 しますが、たいがい小さかったり、ページ数が少なかったりして
 不満に思うことが多かったのですが、この草薙画集4はそんな
 僕のニーズにバッチリ応えてくれてます。

   そんなわけで、全体の8割ぐらいはモノクロの画集です。

   最後のほうにはカラーの物もあります。
 フロントミッションサードの背景では俯瞰の市全景的な
 絵が大量に載ってます。

   今までの画集同様、草薙のホームページの草薙美術館に掲載済みの
 背景もありますが、見たことないものも結構あります。
 そして、草薙画集1の頃には1ページに複数の画像を載せるため
 小さい画像になってしまっていたものもありましたが、今回は
 1ページにつき2枚ほどにしてくれているので大きくてじっくり見れる
 のでグッドです。

   amazonのレビューを見ると、単純にFFファンと背景描きとでは
 同じ物を見ても印象はまるで違うものなのだなぁと思いました。

   背景をメインに取り上げるものって少ないから
 僕は大喜びですけど、普通のFFファンの人は
 「このFF9の線画やべぇ、マジたまんねー」
 とか言って線画に萌えたりしないんでしょうね。

   そんなわけで、背景描こうとする人もしくは背景が
 好きでしょうがない人にオススメです。

 百聞は一見にしかずってことなんで、
   
  ↑のバナーから草薙美術館に行ってTVゲームの
  FAINAL FANTASYのとこを見てください。
         背景画集 草薙4

もっと他のオススメ本をみる


  ------------------------------------------
 

 ところで、先日JAniCA応援団に入りました。
 JAniCAは日本アニメーター・演出協会というところで
 ザックリと言ってしまえば、現状の低賃金で働かされている
 アニメーターの生活向上のために活動しているところですね。
 詳細は上記バナーからJAniCAのサイトでご確認ください。

   給料というのは本来代わりにできる人がいるかどうか
 そのスキルを身につけるのが容易であるかどうかで
 変わってきますが、映像業界はそれも関係なしに
 不当に安い賃金で済ませているところは多いのではないかと
 思います。アニメーターは特にそういったイメージがあります。

   アニメーターは日々たくさんの絵を描き続けているので
 高い画力を持っていて、そしてそのスキルを身につけるのにも
 色々努力したり長い年月を費やしたのではないかと思います。

   そんな人が、ただお金を稼ぐだけならコンビニでバイトしたほうが
 稼げるんじゃないかというような賃金で働いているという
 のはおかしな話であると思うのです。
 アニメーターはもっと評価されるべきなんじゃないかなと。

   業界の構造上の問題か経営戦略の問題か、原因は僕には
 わかりませんが、とにかくなにがしか変えないことには、今後
 業界に入ってくる若い人たちに低賃金で働かせることになります。

   「自分は絵を描けてればお金なんていらない」
 それだけ聞くとストイックでカッコイイと思うかもしれませんが
 それは自分だけの問題ではなく後の世代のクリエーターの
 給与にも関わってくる問題なので、そんなことばかり
 言っているわけにはいかないのかなと思います。

 これは、JAniCAのことを知る以前からなんとなく思っていたの
 ですが、かといって自分では何ができるというわけでもないので
 ただ思っているだけでした。
 そんなわけで僕はそういった活動をがんばってくれている
 JAniCAの応援をしたいと思います。

            




| HOME |  イラスト |  このサイトについて |  レビュー |  背景講座 |  過去ログ |  リンク |
  ©Copyright 2006 izumoji zensuke All rights reserved.
  このサイト内の画像、文章の無断転載、無断複製等はすべて禁止します。
  自分のパソコンの壁紙など個人的使用は問題ありません。当サイトの画像、
  文章等の使用によるトラブルにつきましては自己責任にてお願いいたします。

【ニコニコ動画】CG背景講座[青空講座]
【ニコニコ動画】CG背景講座[夜空講座]
【ニコニコ動画】CG背景講座[トレース講座]
【ニコニコ動画】CG背景講座[木講座 前編]
【ニコニコ動画】CG背景講座[木講座 後編]