CG背景講座 BLANK COIN
CG背景講座 BLANK COIN

SITE MAP

TOP 〉 背景講座 〉 遠景の山背景講座

              背景美術CG講座            

         【背景講座 遠景の山の描き方】



        遠景の山
 この講座のGalleryへ


          

■シルエットを描く

 今回は山のシルエットを描くところから始めます。
 まずは作業手順というより注意事項になります。
 遠景山01

 で、この山は何だ、富士山か?
 そう思われたかたもいるんじゃないかと思います。
 日本人は、まぁ、こんな形見れば固定観念で富士山かと思ってしまいやすいので
 あえて富士山や富士山と似た形の山を描く場合でないのなら
 左右対称のシンメトリーな形にならないように崩しましょう。
 遠景山02
 左右対称ではなくなりましたが、これではかなり近くにある山です。
 地平線からかなり上まで山があり、画面の大部分を山がしめています。

 大きさによる遠近感によって近い山に見えていますので
 小さくすることで遠景の山になります。 

 遠景山03
 説明のため、富士山形から変化させましたが、実際に描くときは
 上記の点を注意して最初からこの段階から描き始めることになります。

 遠景山04
 一見しただけだと違いがわかりにくいかとは思いますが
 稜線が直線すぎていたところを描きたしたりしています。
 地味ですが、こういった作業が自然な感じを出しますので
 なにげに重要かもしれません。

 ただ、遠景の山なので、シルエットの輪郭に木を細かく描いたりする必要はありません。
 遠景の物は描き込みすぎると逆効果になって、遠景のように見えなく
 なるので、意図的に省略します。

 遠景は細部省略するためシルエットのみで充分だったり
 することが多いです。
 

■空気遠近法

 遠景山05
 遠景の山は山までの間の空間に空気があるので空気遠近により、
 大気の影響を受けます。

 空気遠近法の解説のため、ここで少し理科的なお話をします。

■空はなぜ青いのか

 

 空はなぜ青いのかというと、太陽光と空気によるらしいです。
 光が分子なんかに当たると拡散するんですけど、色にによって
 波長の長さが違って
いて、青は波長が短いからたくさんぶつかって
 拡散するから青く見えるそうです。

   青よりも紫なんかのほうが波長が短いんですが、さっさと散乱しきって
 しまっているらしいです。
 そんなわけで、紫の次に波長が短い青が空の色になってるわけです。

 じゃあ夕日はなんで赤いかも気になりますよね。

 それは
 太陽の位置が真上にあるときが一番近いのですが、
 夕方になってくると太陽が遠くなり、太陽までの間に
 より多くの空気があるため、青も拡散しきってしまいます。
 波長の長い黄色やら赤は拡散しきらずに届くので
 夕日は黄色や赤っぽくなってくるってわけです。

   そんなわけで、なんもないはずの空に色があるのは空気中にて
 光が拡散しているからなわけですから、描く対象物との間に
 空気があればあるほどその影響を受けるということですね。

   水蒸気や塵は分子より大きいから青だけでなく全部の色が
 散乱するため白くなります。

   そんなわけで分子で拡散した青と、水蒸気なんかで拡散した白
 影響を受けさせることで、空気遠近は表現できるんではないかと
 思います。

   もちろんこれは晴れた青空の場合で、夕焼けになっているような
 夕方の場合は青は拡散しきって届かないので、黄色や赤の影響を
 受けるわけです。

   空気中にある水蒸気なんかの影響で空気遠近は白っぽくなる
 ってことでしたが、雲が白いのも同じような理由かと思われます。
 普通の空気中よりも全然高い密度で水蒸気が集まっているから
 全色が拡散して白くなるのでしょう。
 

   遠景山06
 そんなわけで、間にある空気によって空気遠近はおきるわけですが
 わりとそんなに離れていない距離でも空気遠近法使った表現を
 することはわりとあります。

 これはある意味デフォルメ的な表現なのだと、思っていますが
 漫画のキャラクターの目が実写の人物よりも大きく描かれたり
 するのと同じで、絵の表現のいいところですね。
 特徴的なところを強調することでハッタリが効きます。

 まぁ、今回みたいに遠景の山なんかの場合はハッタリでなく
 実際に空気遠近起きる距離ですけどね。
  

■山を増やします

 遠景山講座07
 今回は複製&拡大で済ませてしまっていますが
 同じ形だと不自然なので、それぞれ最初から描くか、もし少し変形
 させたり削ったり調整したほうがいいと思います。

 

■ヌケ

 遠景山講座08
 シルエット99
 

 手前と奥をわかりやすくする意味で、奥の山の手前との境付近を明るくします。
 今回の絵は空気遠近で色をかなり変えてありますが、
 そこまで、色を変えていないと手前と奥の山が一体化して見えて
 境界がわかりにかったりしますので、そういった場合は特に
 これをやっておくと見やすくていい感じになります。

 シルエット講座の時に木とか追加したときに後ろを明るくしたのと
 同じような技法だと思います。
 同化してしまいそうなときは部分的に明度に変化つけて
 差をつけるということですね。

 

■一番右の山の暗いとこを塗っていきます

 遠景山講座09
  ブラシプリセットBC-d ぜんすけブラシ.tpl 「ぜんすけブラシ テクスチャなし」
   を使っていますが、普通の丸ブラシでも代用できます。
 とりあえず、ブラシの不透明度を少し下げて(不透明度70とか80くらい)重ね塗れるように
 して描きます。
  不透明度80
   

 山の暗いとこを塗っていきます。
 遠景山講座
    最初から山のイメージが固まっていない場合には
 こんな具合になんとなく描いたところから
 広げていくということもできます。


■影色を描き込みます

 遠景山講座10
 前回のはみ出した陰の暗いところをさらに伸ばしてみたり
 していきます。
 遠景山講座解説03
   ちなみに左のほうは今までの影色より薄く塗ってありますが、
 これはブラシの不透明度をさらに下げて塗ってます。


■影色の上から明部を描きます

 遠景山講座11
 遠景山講座解説04
 右のほうの点々はかならずしも必要ではないので、そのあたりにも
 光があたってそうかなというときに入れてみてください。
    遠景になるほど情報量を減らすので遠景は描き込みすぎない程度にしておきます。


 この内容は僕の執筆した書籍でも解説しておりますので合わせてご参考いただければと思います。
 背景CGテクニックガイド詳細と補足
 
   

出雲寺ぜんすけのブラシプリセット   レイヤー統合前PSD−空講座編−

| HOME |  イラスト |  このサイトについて |  レビュー |  背景講座 |  過去ログ |  リンク |
©Copyright 2010 izumoji zensuke All rights reserved.
このサイト内の画像、文章の無断転載、無断複製等はすべて禁止します。
自分のパソコンの壁紙など個人的使用は問題ありません。                      
当サイトの画像、文章等の使用によるトラブルにつきましては自己責任にてお願いいたします。

CG背景講座 BLANK COIN(ブランクコイン)
 ここはフォトショップで背景画を描いている出雲寺ぜんすけのサイトです。
  室内背景講座をはじめ、さまざまな背景の描き方講座があります。
 「そういえば、気がついたら今までキャラの  イラストしか描いてなかったけど、背景画  ってどう描いたらいいんすかね?」  
 なんていうかたのためのサイトです。   
 まずはこのページでシルエット背景の描き方を学んでみましょう!

ぜんすけのブラシプリセット
レイヤー統合前PSD




   
 
 デジタルイラストの「背景」描き方事典
 : 出雲寺 ぜんすけ

 
 
 アニメで見た空と雲のある風景の描き方: Bamboo

 
 
 ファンタジー背景画 パーツ編

 
 
 グランブルーファンタジー GRAPHIC ARCHIVE

 
 
 絵を描いて生きていく方法?: 寺田 克也

 
 
 背景CGテクニックガイド

 
 
 バケモノの子 ARTBOOK

 
 
 パース!2: マンガでわかるもっとディープな遠近法

 
 
 キャラとモノの基本スケール図鑑 パーソナル編

 
 
  山本二三 風景を描く

 
 
 売れるゲームのUI/UX 制作現場の舞台


SugarSync
Dropbox

 

スコット・ロバートソンのHow to Render : アイデアを明確に伝える 光と影、反射の描き方

 
 
 カラー&ライト
リアリズムのための色彩と光の描き方

 
 吉成曜画集 イラストレーション編

 

 

 


風景の描き方本レビューページ  
   
 男鹿和雄画集II

 
 男鹿和雄画集レビューページ