CG背景講座 BLANK COIN
CG背景講座 BLANK COIN

SITE MAP

TOP 〉 背景講座 〉 CGパース講座1

              背景美術CG講座            

          【パース講座】

  

 今回はパースについて僕なりに解説したいと思います。

 だだ、パースの話は本がたくさん出ておりますので
 すでに本を読んでいるかたには、すでに知っているとか
 常識じゃんって内容が多いかもしれません。
 
 CG背景講座と銘打っているぐらいなので、
 Photoshopを使ったパースのとりかたの説明をしたいと思います。
 
 Photoshopは名前の通り本来は写真加工のソフトなだけに
 Photoshopの本にはパースのとりかたの説明はないでしょうし
 逆にパースの本はアナログでもデジタルでも使えるように
 特定のソフトに絞った説明はないと思います。
 

 ということで、Photoshopでパースをとるということを  解説していきたいと思います。
 


 





 


 


     え〜、というわけでPhotoshop使いでないかたは戻るボタンで 
 光の速度で帰ってしまわれたかもしれませんが、めげずに続けていきたい 
 と思います。 
       

 □パースがなぜ必要か?

     
 パースの具体的な話をする前に
 まずはパースがなぜ必要かを話したいと思います。
 
 
   そもそも、なぜパースは必要なのでしょうか?
  
  
 リアリティーのあるしっかりした背景を描くためですね。
 
   ですが、ここで一番最初に伝えておかなければいけないことがあります。
 
 
 なんと、ただパースをとるだけでは正確な背景を描くことはできません!
   
 
 ラフがまるで違っているといくら
 消失点に向かって線をひいても意味がないのです。
 
 パースとった=正解 ではないのです。
     
   じゃあ、パースなんて勉強しなくていいんだ
 というとそうでもないのです。



             
 たとえば正方形を紙に描くとします。手順はこんな感じです。
 
 @4辺が同じ長さになるようにアタリをつける。
 A定規で線を引く。

 この二つの手順のどちらが抜けても綺麗な正方形にはなりません。

   ・アタリをとっていなければ、線はまっすぐでも
 4辺の長さがちがったり角が直角でなかったりしてしまいます。
 
 ・定規がない場合は、アタリは取っているのでそれらしい感じには
 なりますが、線がヨレていたりしてしまいます。
 
 パースはちょうどこの定規のような立場であると考えてもらうと
 わかりやすいのではないかと思います。
 パースは定規とかと同じ道具にすぎないのです。
 
   では、そのパースという道具について
 少しだけ説明させていただきます。
  

 □水平線(アイレベル)

水平線


 基本の話しなので、本読んで知ってるかたは読み流してください。
 まずは水平線の話しからしましょう。
 水平線は言葉通り水平線とか地平線とか言われる
 空と海(地面)の境界線です。

 これを画面上に取ります。

 おい待て、自分は水平線の見えるような大自然の風景ではなく
 室内を描きたいんだが……

 という場合でも水平線は必要なのです。


 なぜか!?




 などと引っ張る必要ないぐらい基本的な話ですいません。
 
 
 パースをとるために必要なものがあります。
 
 
 それが、消失点。
 
 
 そして、その消失点は水平線上にあるのです。
 
 そのため室内だろうが水平線は必要なのです。
 もちろん、パースを取るためなので、実線である必要は
 ありません。
 
   

 ガイド

 たとえば、これ。

   ガイドってやつです。
 左側にある青い横線がそうです。

   新規ガイドで作らなくても、定規(R)を表示させていれば
 ウィンドウ端の定規部分をドラックするとガイドを作れます。
 
 これはガイドという名前のとおり本来はサイズや位置のガイド
 として使うものなのですが、絵描きにとっては水平線として使えます。
 
   そして、注目していただきたいのは新規ガイド(E)の二つ上の
 ガイドをロック(K)です。
 
 これをチェックするとガイドが移動しなくなります。
 位置を決めて固定したくなったらチェックしましょう。  
 
 これを見落としていると、消失点の位置を変えようとして
 間違えて水平線を動かしてしまいイライラするハメになります。
 
 ちなみに実線でなくガイドを水平線に使う利点として、画面外にも
 水平線が引ける
ということがあります。
 

 ガイド

   こんな具合ですね。  
 ちなみに、パース線はペンツールです。
 いわゆるパスってやつですね。

 フォトショップ使ってる人なら、パスでパース線を取ってる人は
 結構いるんじゃないかと思います。
 

 ちなみに、パースとるぶんには直線だけなので
 「パスってペジェとかよくわかんないから好きじゃないんだよっ!」
 というかたでも大丈夫だと思います。
 




 ちなみに水平線はアイレベルと呼ばれることもあります。
 アイレベル すなわち目線の高さのことです。
 ようするに、しゃがんだり、這いつくばったりして見ている高さが
 立っているときと変わるとアイレベルも変化します。
     
 同じ高さにあるものは水平線(アイレベル)に並ぶのです。
 
 これは複数の人物が画面上にいる場合にとてつもなく重要なことなのです。
 カメラが目の高さなら遠くにいる人も手前にいる人も
 水平線上に目があるのです。
 もちろん、背の高さが同じ人物の場合の話です。
 背丈分は補正してください。
 
 水平線(アイレベル)に並ぶということを意識していないと
 立っているはずの人が、しゃがんでるか空中浮遊して
 いる絵ができあがることはよくあります。
 キャラを上手く描ける人でも、パースが得意じゃない人の
 レイアウトはこのあたりがぬけているのだと思います。
 
          


 
 というわけで、今回はここまでです。
 2点透視どころか1点透視や消失点の説明もしていないし
 水平線の説明もろくにしていませんが
 パースに関しては今後も更新していこうと思います。
   

 

 

 今回のポイント

 ・パースは道具だから過信はNG。
 でも便利な道具だからおぼえたら確実に役立ちます。
 ・水平線はガイドを使用
 ・ガイドをロック
 ・水平線=アイレベル=目線の高さ
 ・同じ高さにあるものは水平線(アイレベル)に並ぶのです。

   

  次回予定
・デジタルでパースをとる利点
・水平線の話の続き
 

 


出雲寺ぜんすけのブラシプリセット   レイヤー統合前PSD−空講座編−

| HOME |  イラスト |  このサイトについて |  レビュー |  背景講座 |  過去ログ |  リンク |
©Copyright 2008 izumoji zensuke All rights reserved.
このサイト内の画像、文章の無断転載、無断複製等はすべて禁止します。
自分のパソコンの壁紙など個人的使用は問題ありません。                      
当サイトの画像、文章等の使用によるトラブルにつきましては自己責任にてお願いいたします。

CG背景講座 BLANK COIN(ブランクコイン)
 ここはフォトショップで背景画を描いている出雲寺ぜんすけのサイトです。
  室内背景講座をはじめ、さまざまな背景の描き方講座があります。
 「そういえば、気がついたら今までキャラの  イラストしか描いてなかったけど、背景画  ってどう描いたらいいんすかね?」  
 なんていうかたのためのサイトです。   
 まずはこのページでパースの描き方を学んでみましょう!


 
ぜんすけのブラシプリセット
レイヤー統合前PSD

   
 
 デジタルイラストの「背景」描き方事典
 : 出雲寺 ぜんすけ

 
 
 アニメで見た空と雲のある風景の描き方: Bamboo

 
 
 ファンタジー背景画 パーツ編

 
 
 グランブルーファンタジー GRAPHIC ARCHIVE

 
 
 絵を描いて生きていく方法?: 寺田 克也

 
 
 背景CGテクニックガイド

 
 
 バケモノの子 ARTBOOK

 
 
 パース!2: マンガでわかるもっとディープな遠近法

 
 
 キャラとモノの基本スケール図鑑 パーソナル編

 
 
  山本二三 風景を描く

 
 
 売れるゲームのUI/UX 制作現場の舞台


SugarSync
Dropbox

 

スコット・ロバートソンのHow to Render : アイデアを明確に伝える 光と影、反射の描き方

 
 
 カラー&ライト
リアリズムのための色彩と光の描き方

 
 吉成曜画集 イラストレーション編

 

 

 


風景の描き方本レビューページ  
   
 男鹿和雄画集II

 
 男鹿和雄画集レビューページ