CG背景講座 BLANK COIN
CG背景講座 BLANK COIN

SITE MAP


ぜんすけのブラシプリセット
レイヤー統合前PSD


 BLANK COIN(ブランクコイン)
ここはPhotoShop(フォトショップ)で背景画を描いている出雲寺ぜんすけのサイトです。
 背景CG講座などがあります。
「そういえば、気がついたら今までキャラのイラストしか描いてなかったけど、背景画 ってどう描いたらいいんすかね?」なんていうかたのためのサイトです。

 キャラのイラスト講座はたくさんあるけど
「背景のイラスト講座はないのか!?」
と探して、ここにたどり着いた方に満足していただけるよう、日々精進しています。

















TOP 〉 過去ログ

2009年 11

 2009/11/25 出雲寺ぜんすけのブラシプリセット
       Adobe Photoshop Elements対応完了!

        出雲寺ぜんすけのブラシプリセット  

 Adobe Photoshop Elements 2.0 以降も対象になりました

 ツールプリセットファイル(.tpl)はPhotoshop 7.0以降が対象でしたが
 ブラシファイル(.abr)でも設定が保存できることがわかりましたので
 Adobe Photoshop Elements 2.0 から最新のAdobe Photoshop Elements までも
 対象となりました。
 
 ブラシアイコンElementsではブラシファイル(.abr)を使います。
 Elementsにはブラシプリセットウィンドウがないのでご自身でカスタマイズしていただくことはできないと思いますが
 内容はツールプリセットファイル(.tpl)と同様の描き心地でお使いいただけます。

   サンプル(体験版) をダウンロードしていただきファイルが読み込めるかお試しください。

 

 abrファイルを追加して差し替えするついでに
 この間のビル遠景角無しブラシも追加しておきました。
 ですから今後ダウンロードするかたは最初からビル遠景角無しも入っています。


   ちなみに
 Photoshop Elementsを持っていない方はペンタブを購入すると付属してます。
 Photoshop Elementsを単体で買うよりもなぜか安くなるという意味のわからなさです。
 1万円のペンタブ買ったら1万4千円するElementsもついてくるっていう……。
 僕が持ってるPhotoshop Elements 2.0もずいぶん前に
 ペンタブ買ったときについてきたやつです。
  Wacom Bamboo Fun CTH-461/S0    
 

 2009/11/21 花畑講座3

■さらに整えておきます

 花畑9
 前回の工程だと荒かったのでさらに  ブラシプリセット BC-b ビル遠景ブラシ.tpl
 を使って整えます。
 見比べるだけだとわかりづらいと思うので、今回足したレイヤーの下に
 黒いレイヤーを置いたのが下の画像です。(奥の方は普通のブラシで整えてますね)
 花畑8
     

■手前の花を描く

   これまでの工程のような点よりは大きい花を描きます。
 花2
 適当にこんな感じで今回は描いてみました。
 
 あまり資料とかもみないで描いてしまいましたが
 本来はちゃんと資料を見て描くといいでしょう。
 そもそも今回は何の花畑かも考えずに描き始めてしまいましたが
 これもいけませんね。

   また花だけのレイヤーを見やすくしたのが下図です。
 花畑8
   最初はある程度がんばって描こうかと思っていたのですが
 あんまりに多いので大部分はコピペでいきました。
 とはいえさすがに1種類だと目立つと思うのでなるだけ
 少なくとも2、3種類は角度を変えたのを描いて、コピペするときにも
 なるだけ同じのを近くに配置しすぎないようにしましょう。

   微妙に回転をさせたり拡縮をするのもありですね。
 奥(画面の上側)にいくにしたがって横から見た感じになるので
 多少縦につぶすような変形するといいかもしれません。

   あとは、ついつい等間隔で花を並べてしまったりするので
 重ねたりしたほうがいいでしょう。

   あとは茎なんかを適当に花の下に棒状に描くと完了です。  花畑8
   といった感じで花畑講座終了です。
 延々と花畑が続く感じで描きましたが、花畑がそんな遠くまで無いようなら
 また遠くの方を緑色にするといいのではないかと思います。
   

 
  □ その他ご報告 □

 久しぶりに背景のサイトを探してネットサーフィンして
 見つけた背景屋さんのサイトに相互リンク依頼してきました。

    遍在ノスタルジアのふぉ〜どさまは僕のサイトの講座を
 見に来てくれたことあったということで、こちらもびっくりな感じでした。
 きまぐれアフターさまはハイレベルなフリー背景素材があります。
 仕事で背景描かれているかたの素材なのでフリーでいいんですかって
 レベルなので同人ゲームなど作られていて素材探している方は要チェックです。


 遍在ノスタルジア ふぉ〜ど さま

 きまぐれアフター 彩 雅介 さま
  

   それではこれからもよろしくお願いします!    

   
  □ その他ご報告 2□
   出雲寺ぜんすけのブラシプリセットですが
 なんとPhotoshop Elementsに対応できるということが判明しました!!

   当サイトを読んで頂いたかたからメールをいただきその方法が
 わかりました。

   あっけないほど簡単にできるので、僕自身なんで気がつかなかったのか
 疑問に思うぐらいなのですが、ホント思いこみってのは怖いですね。

   「Elementsには設定するウィンドウがないんだから読み込めるわけがない」キリッ
  っといった具合に視野が狭くなっていたのでしょう。
  我ながら困ったものです。

   なにはともあれ現在鋭意対応中なので、Elementsユーザーの方は
 今しばらくお待ちくださいませ。
 (おそらく来週ぐらいにはできてるかと)

   
 

 2009/11/11 花畑講座2

■花を描く

 草原3
 さてここで今回のポイントである花を描いていきます。
 まず、一番遠いほうに関してはベースのままでいいです。
 ここはあえてひとつひとつ花は描かないことで遠近感を出します。

 中景あたりから花を描きますが点を置くような感じでいいです。
 手動で全部描いても構いませんが、いくつか描いてから複製するという手もあります。

 僕の場合はブラシプリセット BC-b ビル遠景ブラシ.tpl
 なんかを使ったりします。
 これを使って適当に横向きに適当にストロークするとゴチャゴチャっとしたのが描けます。
 ただしこのブラシは角が四角いので花なんかの場合ブラシ先の角を削ったものを
 カスタマイズして登録するとよりいい具合になるかと思います。

 おまけのブラシには解説動画はないので、
 「ビル遠景ブラシはどのように使うのですか?」と以前質問をもらったのですが……

   まぁ、このように使います(←ビルを描くのに使うんじゃないんかい!)

   ……なんというか
 「ブラシのファイル名なんて飾りです。偉い人にはそれが……(ry」
 ってことで……。

   逆に考えれば汎用性があるってことなんで、
 おまけ以上の価値があるかもしれませんね。
 角を削れば、つもった雪なんかを描くときにも活用できそうだったりしますね。

 角を削れば……といってもカスタマイズ自分でするのが面倒かと思いますので
 せっかくなので今回僕がカスタマイズしたファイルをダウンロードできるようにしました。
 サポートページ作成したのでそちらよりどうぞ。

   初の試みなのでログインできないなど不具合ありましたら↓のメールフォーム
 よりご連絡お願いいたします。


 「出雲寺ぜんすけのブラシプリセット」購入者サポートページ
 ID         blank
 PASS      解凍パスワードの最初の7文字


 解凍パスワードはご購入いただいた「出雲寺ぜんすけのブラシプリセット」の
 フォルダ内にある「Readme.txt」に書かれています。
 ※パスワードが見あたらない場合は「Readme.txt」の
 最後の3行をコピペしてメールフォームよりご連絡ください。

 
 

 2009/11/4 花畑講座1

 花畑もよろしくとコメントいただいたので続けて花畑講座いきます。
 基本的に序盤は草原と変わらない感じです。

 草原の時も遠くの山を入れようかと思いつつも解説には
 あまり関係ないかと思って描かずにいましたが、さすがに
 さみしかったので今回は追加しておきました。

 やはり遠景の山があったほうがまともな背景っぽくなるのでいいですね。

■ベースの色を塗る

 花畑5

   草原のときと同じようにベースとなる色を塗っていきますが、
 今回は草ではなく花の色で塗っていきます。
 今回は適当に黄色にしました。

 しかし手前のほうは薄く緑色も入れていきます。

   これは花も茎や葉は緑であるためです。
 そして遠くはあまり緑を入れないのは遠くへいくほど俯瞰的な視点で見えないため
 表層の花の部分のみが見えるためです。

  花
   

■草色を塗る

 花畑6

   一番手前のほうはさらに濃い色で草色を入れておきます。

    後の工程でこの上に花を描きますがその下準備として濃い草色を
 塗っておくのです。
    ブラシプリセット BC-d ぜんすけブラシ.tpl「ぜんすけブラシ テクスチャなし」
 


 □ 今週のオススメ資料 □
 リアルなキャラクターを描くためのデッサン講座 (漫画の教科書シリーズ)

   おっと、キャラクターを描くためのデッサンとはまた背景と関係ない本を
 紹介しだしたなと思われるかもしれませんが、それが違うのです。

 この本のチャプター2の「写実的に描くための画面構成」というのが
 とても勉強になるのですよ。
 ページ数的には170ページ程度の本の中の50ページ程度なので
 半分もないのですが、かなり多くの作例をもって解説されています。

 内容としては
 西澤 晋 のホームページ内のコンテンツ アニメ制作現場のお話にある内容を
 さらに詳しく解説されています。

 カメラとかレンズに詳しい人はすでにご存じかもしれませんが
 そうでないかたは一見の価値ありです。

 僕の場合、あらためて自分の絵を見てみるとまるでできてなかったり
 するんですけどね………(-.-;)

   ちなみにこの本に書かれている2点透視の使用条件で
 「消失点をフレームに入れない」っていうのがあります。

 僕もこのサイト内で「消失点が近すぎるのが初心者がパースとったのに
 違和感ある原因じゃ」って言っていたと思いますが
 近いどころかフレーム内に入れちゃそりゃマズイでしょって
 思うじゃないですか、

 しかし意外と2点透視なのに思いっきり画面内に
 消失点あるっていう背景屋泣かせなレイアウトが来たりすること
 も実際にあったりするわけです。
 なので、こうしてちゃんと書籍に書いてあると助かりますね。

 この本にはさらに3点透視の条件も書かれています。
 今まで意識したことない条件だったんでなるほどって感じでしたね。
 パースの本とかってやたらたくさん出版される
 わりにこういった「へーそうなんかぁ」って内容なかったりするから
 ヘタなパースの本買うより全然お買い得。

 残りの120ぺージ程度はタイトル通りキャラクターを描くための解説になりますが
 やはりアニメーターの方が書かれている本なだけに動きに関する解説や
 各筋肉がどう働くかの解説がされていていて内容が充実しています。

   これはかなりの良書でしょう。

 



| HOME |  イラスト |  このサイトについて |  レビュー |  背景講座 |  過去ログ |  リンク |

  ©Copyright 2009 izumoji zensuke All rights reserved.
  このサイト内の画像、文章の無断転載、無断複製等はすべて禁止します。
  自分のパソコンの壁紙など個人的使用は問題ありません。当サイトの画像、
  文章等の使用によるトラブルにつきましては自己責任にてお願いいたします。

【ニコニコ動画】CG背景講座[青空講座]
【ニコニコ動画】CG背景講座[夜空講座]
【ニコニコ動画】CG背景講座[トレース講座]
【ニコニコ動画】CG背景講座[木講座 前編]
【ニコニコ動画】CG背景講座[木講座 後編]