CG背景講座 BLANK COIN
CG背景講座 BLANK COIN

SITE MAP


ぜんすけのブラシプリセット
レイヤー統合前PSD


 BLANK COIN(ブランクコイン)
ここはPhotoShop(フォトショップ)で背景画を描いている出雲寺ぜんすけのサイトです。
 背景CG講座などがあります。
「そういえば、気がついたら今までキャラのイラストしか描いてなかったけど、背景画 ってどう描いたらいいんすかね?」なんていうかたのためのサイトです。

 キャラのイラスト講座はたくさんあるけど
「背景のイラスト講座はないのか!?」
と探して、ここにたどり着いた方に満足していただけるよう、日々精進しています。






















>
TOP 〉 過去ログ

2009年 4

 2009/4/20 木講座2

  動画背景講座用の木41

  動画背景講座用の木42

  動画背景講座用の木43

   木の影の説明ですね。
 今回は画像に解説書かれているので特に書くことはないかな……
 そうそう、木講座でニコニコのコメントであがってた話題にでも少しふれておきます

 こんな手間かけなくても
 木の形のブラシでワンクリックでできるじゃないんか
 ってことですが
 カスタムブラシ使って木を描く方法は、自作の木用のブラシ素材と使い方を
 まとめて素材販売の方でやろうと思ってたから今回の動画では
 カスタムブラシには触れていなかったんですね。
 というわけで、そういった手っ取り早い方法をお望みの方は
 そちらの発売を待っててくださいね。
 
 しかし、こんな時間かけてどうするといわれていますが
 初心者は逆にこのぐらい時間かけて忍耐強く描いてもいいのでは
 ないかと思います。
 
 おそらく、
 ビギナーはどう描いていいかわからないので、少しだけ描いてみたものの
 思ったように描けずに、やっぱダメだとすぐに描き進めるのをやめてしまっている
 のではないかと思います。
 
 で、慣れてくると描き込めるようになるのですが、やりすぎてうるさく
 なってしまったりする。
 
 そして、最終的に適度な密度の緩急をつけれるようになって上手いうえ速くなって
 いくのかなと思います。
 
 
 それにしても業務うんぬんってプロの人でも見ているんしょうかね?
 基本的にうちの講座はプロ向けではなく背景入門者向けなのです。
 まず背景美術に興味もってもらって、講座やっている僕自身もまだ発展途上なんで
 僕と一緒に上手い背景描けるようにがっばっていこうぜって
 いうのがコンセプトなんで、プロの方はもう数年僕が上達するまで
 なま温かい目で見守ってやってくださいm(_ _)m

------------------------------------------
    □ 今週のオススメ資料 □

 背景美術特集ということで入手しました。
 Intuos4 の広告のページ読んでて知ったんですが、Intuos4の筆圧感知って
 Intuos3の2倍なんですね。
 Photoshop CS4 のブラシで線の抜きが良くなったというのを聞いたことがあり
 ますが、それと組み合わせたら線とか描きやすくなるんですかねぇ
 ……といけないいけない、
 前回しばらくまだIntuos2でがんばるぜっとか言ってたのに早くも
 物欲の誘惑に負けるところだった。
 Bamboo ならともかくIntuos4やCS4は定額給付金だけでは足らないっすからねw
 
 それはともかく本題の美術特集ですが雑誌の半分以上のページ数使っているし
 満足できました。
 アニメーションノート no.5 も背景美術特集でしたが、今後もたまにこうして美術特集組んで
 くれると助かりますね。
 こうして雑誌で記事読んだり、綺麗な背景をみると
 もっといい背景を描きたくなりますからね。
 
 ちなみに草薙のメイキングとかも載っていました。
    ------------------------------------------
   □ その他ご報告 □
 


 「今、この瞬間を」
神無月 双龍 さま  と相互リンクしました。
 テニプリのイラストサイトさまです。
 
 じつは僕はテニスの王子様を読んだことないので、
 今度読んでキャラを把握できるようになったら、ふたたび見にいかせて
 いただきますね。
 
 それではこれからもよろしくお願いします。
 


------------------------------------------
   □ その他ご報告2 □
 
 木動画講座後編は、まだ手をつけられていないので
 5月ぐらいになってしまいそうですね。
 しかし、僕の動画なんぞよりいいもの見つけましたのでご報告↓
 
   bcd@blogのbcdさんの動画を発見!
 ブログのほうで動きがなかったから油断していたけど、
 アップされてるのは去年の10月ではないですか。
【ニコニコ動画】木片を描いてみた1  
 bcdさんの描いている動画をみれるとは本当にありがたいことです。
 


 
動画背景講座用の木0

 2009/4/08 木講座1

 動画の方をみている人には退屈でしょうが、HTMLでも同じ内容まとめて
 おきます。
 後々、復習したりするときには動画より使い勝手がいいのではないかと
 思いますので。
 動画木講座後編はもうしばらく待っててくださいね。
 
   ■線画を描く
 基本的にはランダム感のところでの解説のとおりですが、
 無理にひと筆書きで描かずにチョンチョンと途切れとぎれに
 描くといいかもしれません。
 
 キャラ描くときにもアタリを描いてから描くのと同じですね。
 途中を厳密に描かずにだいたいを描いてから、飛ばしていた箇所を
 補完するということですね。
 
 当然形が気に入らなければ随時、消しゴムツールで消して修正しながら作業を
 進めます。
 
   ■色を塗る
動画背景講座用の木1

     ■消しゴムで削って形を作ります。
動画背景講座用の木2

 木の内側に穴をあけるようにしていくのがポイントです。 動画背景講座用の木3

 

------------------------------------------
    □ 今週のオススメ資料 □
 

 
 前回紹介したPhotoshopデザインコレクション は古いので売っていないから
 書店で似たような本がないか見てきました。
 これなんかが、同じような感じの本ですね。
 Photoshopのフィルタ使って色々作る系の本です。
Photoshopプロフェッショナルデザインブック  


------------------------------------------
   □ その他ご報告 □
   質問メールをいただきまして、色々と聞かれましたので
 せっかくだしここで返答します。同じこと知りたかった人も
 いるかもしれないので。
 
 青文字が質問内容で黒文字が僕の回答です。
 

 出雲寺さんはフォトショ使いのようですが、ほかのソフトを
 使用したりはしないのでしょうか。
 例えば(以前言ったかもしれませんが)Mirage toolは
 背景を描いてキャラクターを乗せてアニメまで作れます。
 フォトショップでできることは大抵できる上に一つのソフトで
 動画まで何でもできる強みがあります。
http://www.tvpaint.com/v2/content/article/products/mirage.php

 他方、写真トレースに使えそうなのがSAI。
http://hiki.cre.jp/picture/?EasyPaintToolSAI
 
 

 現状デジタルの背景の仕事の場合Photoshop使っている会社が多いと思います。
 そんなわけで、Photoshop使っていると便利なのでっていうわりと
 身も蓋もない理由でPhotoshop使ってます。
 
 他のも使っいたいところですが、複数のソフト使うと
 キーボードショートカットが違うことがストレスになるので
 、そこがネックですなんですよね。
 
 SAIは安いうえによさげですね。
 ダウンロードしただけでろくにさわっていないんで
 個人的な感想はたいして言えないですが……
 なにより、ユーザーが多いっていうのがいいですね。
 ブラシの設定とか色々と他の人がアップしてくれてるみたいなのがいい。
 
 Mirage toolは使ったことないので、時間ができたら試してみようと思います。
 

 次に聞きたいのがご利用のPCなど。特にモニタの解像度や
 カラーキャリブレーションをどうしてるのかを聞きたいです。
 PCはもう何年も前に買ったやつなんでショボイです。
 メモリーだけ最近増設したけどそれでも2ギガくらいです。
 PCスペックは高いほうがいいですね。僕のようにスペック足らないと
 動画講座用にキャプチャーソフト使いながら描こうとすると
 重くてイヤになりますからね。
 
 カラーキャリブレーションとかはそのあたり解説してくれているサイトを見た方が
 正確な情報が得られると思います。というか仕事でやるのでなければそこまで
 気を回さなくても……と思ったりしますが、どうでしょう。
 そのあたりは印刷するとかテレビで流れるとかいうときに気にすれば
 いいことなのかなと思います。

 写真トレス講座でロケハンの話題が出ましたが、背景画素材を
 作るのに便利なカメラ(デジ一、コンデジ、携帯のカメラ機能など)
 存知でしたらご教示願いたいです。写真家ではなく背景絵師として、
 例えば28mmの広角レンズはあったほうがいいのか、
 画素数はいくらくらいあればいいのか、など写真家とは
 違った目線があると思いましたので。

   
 カメラについては特別こだわりがあるわけでもないので、えらそうな
 ことは言えませんが、僕はFUJIFILM FinePix Z5fd を使っています。
 
 デジタル一眼レフは高いし、自分の性格からして大きいカメラを
 おそらく持ち歩かないので。これで充分かなと。
 広角レンズは近くにいても全体を撮りたいときとか広く写したいときに使えるので
 アニメの背景などでPANさせるような長い背景用には使えるのではないでしょうか。
 
 PAN用のワイド背景というだけなら複数枚撮影してPhotoshopで繋げるという
 方法もありますんでがんばればなくても対応可能なんじゃないかとは思いますが。
 
 画素数は最近のカメラなら充分すぎると思うので、特に気にしなくていいと
 思います。
 それ以外の機能を優先して問題ないです。
 
 そもそも写真は普通に見れるレベルならトレースするにしても
 参考に見るにしても充分です。写真家なら印刷とかもあるから
 解像度も重要なのかもしれませんが絵を描くには特に重要でも
 ないんじゃないでしょうか。
 
 携帯電話のカメラは手ブレに弱かったり画像サイズも小さいのでやはりイマイチ
 ですよね。最新の携帯は知らないのでもしかして改善されてるのかもしれませんが
 
 でも携帯のカメラといえば、ケ-タイレンズ K-038 SUPERWIDE0.38倍
   とかで遊んだりはします。
 広角のレンズ効果を見てみたりできます。魚眼ってほどの歪みではないですが、
 なかなか面白いですよね。
 ケータイ用なんで値段も高くないからいいですね。
 
   

 まとめると、道具は最初から完璧なものをそろえなくてもOK
 必要な段階になったら徐々に買っていけばよし。
 
 ペンタブを例にすると
 
 ペンタブとマウスには大きな壁があるけど、
 Intuos4Bamboo なら最初はBamboo などでよいです。
 マウスがボールならBambooはジムでIntuosがガンダムでしょうか。
 
 ボールでは動く棺桶状態なので、早くジムに乗り換える必要ありです。
 マウスにこだわるメリットは戦闘の最中に重い戦闘服をドサッと脱ぎ捨てて
 まだ本気を出していなかったという演出できるってことでしょうか。
 
 多少脱線しましたが、ようするに道具はとりあえずでそろえてあればOK
 ケータイカメラやマウスのようなボールではきびしいが
 ジムレベルなら問題なし。資金が潤沢ならいきなりガンダムもまた一興。
 

   こいつが新しいガンダムですか。
           僕はもうしばらく現状のガンダムMk-IIでがんばります。



| HOME |  イラスト |  このサイトについて |  レビュー |  背景講座 |  過去ログ |  リンク |

  ©Copyright 2009 izumoji zensuke All rights reserved.
  このサイト内の画像、文章の無断転載、無断複製等はすべて禁止します。
  自分のパソコンの壁紙など個人的使用は問題ありません。当サイトの画像、
  文章等の使用によるトラブルにつきましては自己責任にてお願いいたします。