岩の描き方

岩背景講座

          

線画を描く


岩0

まずは、線画をラフで描きます。
ペンの設定はシェイプ(コントロール:筆圧)にチェックON
しただけの普通の筆です。

だいたいの形をとりながら岩の影にあたるところに斜線を入れていきます。
影の部分のアタリですね。後の工程で、この部分に暗い色を塗ります。
この線画の時点でそれなりの見た目になっていると後で楽ですが
どのみち、この線画を無視して影塗ったりすることもあるんで
そんなに厳密でなくてもいいですね。
ちなみに、今回の岩のラフはとくに何も見ずに手癖で描いてますが
初めて描く人は実物や背景画の資料を見ながら描くのがベストです。

ちなみに、岩に限らず、絵全般に言えることですが
絵を描くときは資料を見るべきだと個人的には思っています。
そうでなければプロがわざわざロケハンなんて行かないですからね。
あと、背景画の初心者の場合は写真資料だけだと背景画っぽくならない
ならない可能性があるので、合わせて背景画の資料を見ると良いと思います。


立体的に描く

岩1

ピンクの線のように真っ直ぐ直線的になってしまうと
立体感がでないので、赤い線のように手前に弧をえがきます。


影のラフ

岩2

青いところが影になります。
今回は複雑な形ですが、シンプルな
形状の岩ならば左上に描いたもののような影でもいいです。


まずベース色を塗る

岩3

塗り始め画像です。
まず、色を置いただけの状態


影色を入れる

岩4

線画で斜線入れてたところに影色を入れた状態です。

影色を馴染ます


岩5

影色が適当すぎるので不透明度低めのブラシで馴染ませていきます。  
このぐらいの状態もイメージボードっぽくてわりと好きです。


塗り込み

岩6

影色を馴染ませたときと同様に不透明度下げたブラシで塗ります。
光や影の範囲もこの時点で調整したりしても良いと思います。

岩7

岩の表面のデコボコ


岩11

さて、次に岩の表面のデコボコです
何か物足らないときに入れると岩っぽくなったりします。
描き方は単純です。凹を表現するために影とハイライトを入れるだけでできます。
へんこんでいるものは、だいたいこんな感じで描けます。


月のクレーター

岩12

ちなみに岩と同じく月を描くときにもこれは使えます
月も岩と同じ形のへこみもあっていいと思いますが月のクレーターは一度膨らんでからへこんでいたりしますよね。
そのため少しだけ描き方を変えたりもします。

このように、影の外側にさらにハイライトを入れることで穴のふちの盛り上がりを表現します。


反射光

岩8

デッサンの本なんかで一度は見たことあるんじゃないかと思われる、反射光の球体です。
反射光は球体を描くときだけでなく、様々なものを描くときにも活用できます。

岩10

岩の場合も左にくらべて右のようになったほうが立体感がでたのではないでしょうか。

色を調整して完了

岩9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です