海の描き方

海背景講座

          

線画を描く

海1
まずは線画ですね。

海だけってのも絵的にさみしいので
岩とか遠くの山とかも映る構図にしました。

ちなみに、崖とか岩ですが、大きな岩とかの脇に
小さい岩を2、3くわえておくとそれっぽくなります。

雲とかでも、大きな雲の脇に小さな雲がポツポツあるのと同じようなものですね。
雲といえば、今回は夏なので入道雲(積乱雲)をいれました。

海塗り始め


海2海3
 線画を外すとこんな感じです。

イケてないですね。
こんな段階で描くのを止めてしまってはいけません。
しかし、描くのをやめるなと言われても何を描き進めればいいんだって話ですよね。

ではそれを説明していきましょう!

空と海をわける


海4
まずは、空と海が一体化してしまっているので遠くの空を空気遠近的に白くしてわけましょう。

そして、波打ち際の泡のとこを描いていきます。

空と海をわける

波打ち際を描く


波打ち際を馴染ませます。
波打ち際の砂を濡れた色にします(ここ重要)

海っていっても水なので、浅いところは透明に下の砂が透けて見えます。
そしてそこは乾いた砂浜の色ではなく濡れた砂の色になります。
なにより乾いた砂の色は白に近い色なのでその上に白い泡を描いても見えないのです。

これに限らず、明るい物を描くときは後ろを暗く、暗い物を描くときは後ろを明るくしないと何を描いているのかよくわからなくなるので
意図的にそのようにすることもあります。

理論的には↑で解説した海と空の境界を完全に同色にしないというのと同じですね。
砂を濡

海5
海の遠くのほうは光ってる点を入れるのと
明るいグラデを入れるぐらいで描き込みません。

遠くの波まで描き込むと画面がうるさくなるし時間もかかるので、サラッとすませてしまいましょう。

あとは、砂の色を明るくしました。

そして、空とか岩とかも描き込んでますが、そこは今までの講座があるので省略します。
ただ、こういった遠い岩なんかの場合は
岩講座であったようなクレーター的な凹は
描き込む必要ないと思います。
離れているとよっぽど大きな凹みでなければ見えないので。


■鏡面反射


反射
水面に反射した岩を描くとなじみます。

色変えと馴染ませ

海6
まずは、色がいまいちだったので岩、崖と砂浜の色を変えました。

そして、崖が海や砂浜とパッキリわかれていたのでそれを暗い色で馴染ませました。

同様に海と遠くの陸を馴染ませるために海との境を白くして馴染ませました。

完成

海7
雲を整えて波を追加して完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です