木の描き方

木背景講座

          

線画を描く

動画背景講座用の木0
基本的にはランダム感のところでの解説のとおりですが、無理にひと筆書きで描かずにチョンチョンと途切れとぎれに描くといいかもしれません。

ランダム感 自然物講座

2007.04.13
キャラ描くときにもアタリを描いてから描くのと同じですね。途中を厳密に描かずにだいたいを描いてから、飛ばしていた箇所を補完するということですね。

形が気に入らなければ随時、消しゴムツールで消して修正しつつ作業を進めます。

色を塗る

動画背景講座用の木1
動画背景講座用の木3
動画背景講座用の木3
消しゴムで削って形を作ります
木の内側に穴をあけるようにしていくのがポイントです。

葉の塊のとらえかた

動画背景講座用の木41 動画背景講座用の木42 動画背景講座用の木43

■ ↑上記の考えを考慮して葉を塗っていきます。 

動画背景講座用の木5 動画背景講座用の木6

 ここから幹を描いていきます


幹の影の入れ方

動画背景講座用の木82

ハイライトを入れていきます

ハイライトを別レイヤーにする手もありますとはいうものの
馴染ませるためにはやはり一つのレイヤーで描いた方がオススメです。
動画背景講座用の木82

影を入れていきます。

今回の木は中景から遠景向けな感じですけど、近景とかもっと大きい木なら
反射光をもっと青い色で追加するっていう場合もあります。

動画背景講座用の木82

枝を描いていきます。

動画背景講座用の木81
本来なら先に幹や枝を描いてから葉を描くべきですが、
今回は簡易な描き方として枝は後付けです。

輪郭を削って幹の形を整えます。

直線すぎると逆に不自然なので多少曲げたり、でこぼこしているようにします。
動画背景講座用の木82

洞を描きます。

なんとなく雰囲気がでますが、必ず描くものでもないので
必要に応じて描いてみてください

動画背景講座用の木83

影をいれたところの上に明るい点を入れます。

動画背景講座用の木84
以上で完了です。↓に動画もありますので、あわせてご参照ください。




→ この講座の動画講座
 




この内容は僕の執筆した書籍でも解説しておりますので合わせてご参考いただければと思います。
背景CGテクニックガイド詳細と補足

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です